cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Knowledge Base Articles

FX3 UARTがJTAGデバッグ中に不要なデータを出力する - KBA86728 - Community Translated (JA)

GeethaP_31
Employee

FX3 UARTがJTAGデバッグ中に不要なデータを出力する - KBA86728 - Community Translated (JA)

Community Translated by  NoTa_4591161 Expert            Version: *A

Translation - English: FX3 UART Prints Garbage Data During JTAG Debugging - KBA86728

質問:EzUsbSuite_UG.pdfの第3章で説明されているように)JTAGインターフェイスを介してFX3ファームウェアをデバッグすると、UARTは不要なデータを送信します。ただし、ボードでの通常のファームウェア実行中は正しく動作します(JTAGデバッグなし)。なぜでしょうか?

回答:

これは、Eclipseでデバッグ環境をセットアップするときに渡された誤った初期化コマンドが原因であると考えられます。UARTを介した不要なデータの送信を回避するには、JTAG初期化中にFX3 CPUクロックを正しく設定する必要があります。

1示すように、必要な入力クロック設定に対応するコマンドをDebug Configuration設定の[ Startup ]タブに追加します

  • 19.2 MHzの場合、monitor memU32 0xE0052000 = 0x00080015
  • 26.0 MHzの場合、monitor memU32 0xE0052000 = 0x00080010
  • 38.4 MHzの場合、monitor memU32 0xE0052000 = 0x00080115
  • 52.0 MHzの場合、monitor memU32 0xE0052000 = 0x00080110

1. Debug Configuration設定の[ Startup ]タブ

1.png 

コマンド「monitor sleep 1000」は、クロックを安定させるために使用されます。

0 Likes
Version history
Revision #:
1 of 1
Last update:
‎Jul 06, 2020 09:49 PM
Updated by:
 
Contributors