Tip / ログイン to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

cross mob

AURIX™ MCU: I2Sの実現の仕方 - KBA234446

AURIX™ MCU: I2Sの実現の仕方 - KBA234446

IFX_Publisher1
Community Manager
Community Manager
Community Manager
250 sign-ins First comment on KBA 250 replies posted

Translated by: 

Original KBA: AURIX™ MCU: How to realize I2S - KBA234446

Version: **

質問: AURIX™ MCUはI2S(Inter-IC Sound)をサポートしますか?

回答: AURIX™ デバイスには、専用のI2S HW-モジュールがありませんが、I2Sマスターおよびスレーブをエミュレートすることができます。

マスター:  AURIX がマスターであるI2S出力を生成するためには、Queued Synchronous Peripheral Interface (QSPI)が使用可能です。それを行うために、QSPIをシンプレックスモード転送モードで使用してください。2つのチップセレクト(SLSO)が必要で、1つは右/左用、2つ目はダミーとしてです。チップセレクトは、BACONエントリを使用して切り替えできます。

スレーブ: スレーブモードでは、AURIX™ は外部マスターからの音声信号を受信します。それを行うには、汎用タイマーモジュール(GTM)のタイマー入力モジュール(TIM)を使用します。例えば、TIM_0は右または左のノイズを検出しています。TIM_1は、クロックをトラッキングし、クロックの立上りエッジでTIM_2をトリガします。次にTIM_2は、データをトラッキングし、Advanced Routing Unit (ARU)を介してFIFOにそれを保存します。FIFOの中で定義された透かしに到達すると、DMAはトリガされ、データがメモリに転送されます。

ユーザーズマニュアルの「Queued Synchronous Peripheral Interface (QSPI)」および汎用タイマーモジュール(GTM)の章を参照してください。

注:このKBAはAURIX MCUの以下のシリーズに適用されます:

  • AURIX™ TC2xx series
  • AURIX™ TC3xx series
0 件の賞賛
132 件の閲覧回数