Cyt4bb および SDL 7.8.0 v.ティッカー

Tip / ログイン to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

cross mob
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは

最近、CYT4BB (rev b) のファームウェアを SDL 7.8.0 (以前の SDL 7.2.0) を使用するようにアップグレードしました。 この後、ボード上のVccd電源レールが増加していることに気づきました。 現在はデータシートの境界 (SID600) の範囲外であるため、製造チームによってハードウェア障害としてフラグが立てられています。

私は、SDLの電源構成コード(cy_power.c)と、予想されるVccd範囲が実際に何であるかについて尋ねるために書いています。

私たちのボードは、サイプレスのドキュメントの例に従って、外部パストランジスタを使用してVccdコア電圧に電力を供給しています。 SystemInit 関数から " Cy_Power_SwitchToTransistor(CY_SYSREGHC_VADJ_1V070);"

SDL 7.2.0では、Vccdは1.07Vに非常に近く、関連するデータシートの範囲内でした。

SDL 7.8.0に変更されてから、同じボード上で、VccdはデータシートのSID600の範囲外(最大1.150V)の1.156Vを測定するようになりました。

cy_power.cでSDL 7.8.0コードを調べる 指定されたパラメータがオーバーライドされ、代わりに VoltageAdjust = CY_SYSREGHC_VADJ_1V150 が適用され、SDL 7.2.0 と SDL 7.8.0 の違いが説明されています。

だから2つの質問:

* SDL 7.8.0の動作は期待されていますか、レギュレータに1.150Vセットポイントを使用する必要がありますか、それとも他の値を使用する必要があります。

* 実際の Vccd レール (CPU ピンで測定) の許容値、(1) CPU 動作の許容範囲内、(2) レギュレータ回路が正しく機能していることを確認するための値を教えてください。

(後者については、データシートSID600は、ファームウェアがレギュレータを1.10Vまたは1.07Vに設定し、1.15Vセットポイントで実行する場合はSID600番号を調整する必要があることを想定して書かれているようです。

0 件の賞賛
1 解決策
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは@rloader

 

はい、動作は予期されるものであり、SDLリリースノートのv7.2.0からv7.3.0への変更ログで、実際に「VoltageAdjust」の値が更新されたことが記載されています。 アクティブレギュレータからパストランジスタへの移行手順を説明するT2GボディハイアーキテクチャTRMから抜粋した以下のスニペットも確認してください。 そこでは、SFLASH_SRSS_PWR_OFFSETに 符号付き オフセットを使用してREGHC_VADJレジスタを追加する必要があることが示されています。ダイ間の変動を説明するREGHC_TRANS_VADJ_OFFSET。 これは、電圧調整を構成するための外部への切り替え関数の ifelse ステートメントについて説明します。

Randriad_1-1698168859992.png

 

SID600はレギュレータの仕様を参照し、レギュレータ出力の最小標準最大値を記述します。 外部 VCCD 電源範囲については、SID40C を参照してください。

 

これがお役に立てば幸いです。

ありがとうございました。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
2 返答(返信)
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは @rloader

私たちはあなたの質問をチェックしています。 このコミュニティフォーラムを速やかに更新します。
ありがとうございました。

よろしくお願いいたします。

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは@rloader

 

はい、動作は予期されるものであり、SDLリリースノートのv7.2.0からv7.3.0への変更ログで、実際に「VoltageAdjust」の値が更新されたことが記載されています。 アクティブレギュレータからパストランジスタへの移行手順を説明するT2GボディハイアーキテクチャTRMから抜粋した以下のスニペットも確認してください。 そこでは、SFLASH_SRSS_PWR_OFFSETに 符号付き オフセットを使用してREGHC_VADJレジスタを追加する必要があることが示されています。ダイ間の変動を説明するREGHC_TRANS_VADJ_OFFSET。 これは、電圧調整を構成するための外部への切り替え関数の ifelse ステートメントについて説明します。

Randriad_1-1698168859992.png

 

SID600はレギュレータの仕様を参照し、レギュレータ出力の最小標準最大値を記述します。 外部 VCCD 電源範囲については、SID40C を参照してください。

 

これがお役に立てば幸いです。

ありがとうございました。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

0 件の賞賛