CYT2B9 ADCエラー

Tip / ログイン to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

cross mob
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは、ADCについて質問があります。
CYT2B9のデータシートには、ADCの総合誤差の仕様が次のように記載されています。

a.JPG

1.合計誤差とはどういう意味ですか?
積算誤差とは、量子化誤差、オフセット誤差、ゲイン誤差、INL(積分非直線性)、DNL(微分非直線性)がすべて反映されるということですか?

2. A_TEとA_TEBの違いは何ですか?
オフセットとゲインを調整せずにADCを使用した場合、ADCの誤差はA_TEBになりますか(+/-12LSB)?

3.下記よりご確認ください。
例えば。 ADCの入力範囲が5Vの場合、1LSB=5V/4095 = 1.221mV
3-1. オフセットと利得の調整後、ADCの誤差は+/-5LSBになります。 すなわち、+/- 6.105mV
3-2. オフセットとゲインの調整を行わずにADCだけを使用すると、ADCの誤差は+/-12LSBになります。 すなわち、+/- 14.652mV

おかげで、よろしく、
イース

smartconx_target@Q!w2e3r4t5y6u7i8o9p0||/t5/TRAVEO-T2G/CYT2B9-ADC-error/td-p/656499

0 件の賞賛
1 解決策
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは@YSJE_3566666

Q.合計誤差とはどういう意味ですか?
積算誤差とは、量子化誤差、オフセット誤差、ゲイン誤差、INL(積分非直線性)、DNL(微分非直線性)がすべて反映されるということですか?

>>はい、ご理解の通りです。 データシートでは、合計誤差はSID109(A_TE)とSID109A(A_TEB)の2つのSIDパラメータで指定されています。 総合誤差は、ゲイン/オフセットとINL/DNLで構成されます。



Q.A_TEとA_TEBの違いは何ですか?


A_TE:12ビット分解能モードでのオフセットおよびゲイン調整後の「トータルエラー」に使用されるパラメータは、オフセットおよびゲイン誤差を圧縮した後に得られたパラメータです。

A_TEB:12ビット分解能モードでのオフセットおよびゲイン調整前の「トータルエラー」に使用されるパラメータ。


Q.オフセットとゲインを調整せずにADCを使用した場合、ADCの誤差はA_TEBになりますか(+/-12LSB)?
3.下記よりご確認ください。
例えば。 ADCの入力範囲が5Vの場合、1LSB=5V/4095 = 1.221mV
3-1. オフセットと利得の調整後、ADCの誤差は+/-5LSBになります。 すなわち、+/- 6.105mV
3-2. オフセットとゲインの調整を行わずにADCだけを使用すると、ADCの誤差は+/-12LSBになります。 すなわち、+/- 14.652mV

>> この質問については、社内チームと話し合っています。近日中に最新情報をお届けします。

感謝
シュバム

smartconx_target@Q!w2e3r4t5y6u7i8o9p0||/t5/TRAVEO-T2G/CYT2B9-ADC-error/m-p/657400

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
3 返答(返信)
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは@YSJE_3566666

Q.合計誤差とはどういう意味ですか?
積算誤差とは、量子化誤差、オフセット誤差、ゲイン誤差、INL(積分非直線性)、DNL(微分非直線性)がすべて反映されるということですか?

>>はい、ご理解の通りです。 データシートでは、合計誤差はSID109(A_TE)とSID109A(A_TEB)の2つのSIDパラメータで指定されています。 総合誤差は、ゲイン/オフセットとINL/DNLで構成されます。



Q.A_TEとA_TEBの違いは何ですか?


A_TE:12ビット分解能モードでのオフセットおよびゲイン調整後の「トータルエラー」に使用されるパラメータは、オフセットおよびゲイン誤差を圧縮した後に得られたパラメータです。

A_TEB:12ビット分解能モードでのオフセットおよびゲイン調整前の「トータルエラー」に使用されるパラメータ。


Q.オフセットとゲインを調整せずにADCを使用した場合、ADCの誤差はA_TEBになりますか(+/-12LSB)?
3.下記よりご確認ください。
例えば。 ADCの入力範囲が5Vの場合、1LSB=5V/4095 = 1.221mV
3-1. オフセットと利得の調整後、ADCの誤差は+/-5LSBになります。 すなわち、+/- 6.105mV
3-2. オフセットとゲインの調整を行わずにADCだけを使用すると、ADCの誤差は+/-12LSBになります。 すなわち、+/- 14.652mV

>> この質問については、社内チームと話し合っています。近日中に最新情報をお届けします。

感謝
シュバム

smartconx_target@Q!w2e3r4t5y6u7i8o9p0||/t5/TRAVEO-T2G/CYT2B9-ADC-error/m-p/657400

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは、シュバム。
お返事ありがとうございます。

Q3の私の理解が正しいかどうかを確認してください。

おかげで、よろしく、
イース

smartconx_target@Q!w2e3r4t5y6u7i8o9p0||/t5/TRAVEO-T2G/CYT2B9-ADC-error/m-p/657477

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは@YSJE_3566666

ご承知のとおり、デバイス固有のデータシートに概説されている最小値と最大値の合計誤差。

オフセットと利得の調整前の初期段階では、ADCの誤差は(-12LSBから+12LSB)になる可能性があり、これは(-14.652mVから+14.652mV)の範囲に相当します。 オフセットと利得の調整後、この範囲は(-5LSBから+5LSB)に狭まります。 ただし、これらはワーストケースの値であり、実際の値は動作温度、電源電圧、シグナル・チェーンの外部干渉やノイズなどの外的要因によって変化 POWER_DRILL2GO 可能性があることに注意することが重要です。


感謝
シュバム

smartconx_target@Q!w2e3r4t5y6u7i8o9p0||/t5/TRAVEO-T2G/CYT2B9-ADC-error/m-p/661381

0 件の賞賛