Tip / ログイン to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

cross mob
lock attach
Attachments are accessible only for community members.
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは

AWS_IoT_OTA_MQTT例のCY8CKEY-064S0S2-4343Wを再プロビジョニングし、次のコマンドを続行しようとしています。

私は実行しました

cysecuretools -t CY8CKIT-064S0S2-4343W -p policy/policy_multi_CM0_CM4_tfm_dev_certs.json re-provision-device

そして、受け取った

「再プロビジョニングに成功しました」

添付のログファイルを見て、修正方法を教えてもらえますか?

感謝

 

 

 

 

0 件の賞賛
1 解決策
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

上記のコメントで提案したように、関数load_pem_x509_certficate()を変更してみましたか?re-provision-deviceコマンドは正常に機能していると言ったので。これで十分ですが、スクリプトreprov_helper再度使用する必要はありません。

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
8 返答(返信)
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは@cjh39

 

プロビジョニングファイルを含むディレクトリ(おそらく:trusted-firmware-m/release-v1.3.5/security)を送信できますか? 私は自分の側から問題を再現しようとします。

 

よろしくお願いいたします

プシュヤント

0 件の賞賛
lock attach
Attachments are accessible only for community members.
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちはプシャント、

これはセキュリティディレクトリです。

リリースv1.3.100があることに気づきました ディレクトリも、私は1.3.5からこれを実行しました

どうすればいいか教えてください

感謝

 

 

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager
bytearrayがload_pem_x509_cer Ɵficate()関数に渡されているようです。 C:\Infineon\Tools\ModusToolbox\tools_3.0\python\lib\sitepackages\cryptography\x509\base.py 583行目のbytes()を使用して「データ」をバイトに変更し、再試行できます。 しかし、これは私の側から起こっているわけではありません。 どのバージョンの暗号化とcysecuretoolsを使用していますか?
0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは

あります

Pythonの3.8.10

openSSLの1.1.1q 2022年7月5日

cysecuretools:3.1.0

以前は、MQTT を使用してこの AWS IoT: Over-the-air ファームウェアアップグレードを取得しようとして、かなりの問題を抱えていました。

更新されたドキュメントはありますか。 この現在のドキュメントにはエラーがあるようで、各ステップに問題があります。

Python、openssl、cysecuretoolsのどのバージョンが必要ですか。 また、リリース1.3.5、リリース1.3.100も認識しています リリース 1.3.110 です。 どちらから始めればいいのか、それとも新しいバージョンがあるのかわかりません。

エラーを最小限に抑えるために、新たに始める方法を教えてください

また、cysecuretoolsを再度インストールしようとしましたが、エラーが発生します。

cjh39_0-1698978673073.png

 

 

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

上記のコメントで提案したように、関数load_pem_x509_certficate()を変更してみましたか?re-provision-deviceコマンドは正常に機能していると言ったので。これで十分ですが、スクリプトreprov_helper再度使用する必要はありません。

0 件の賞賛
lock attach
Attachments are accessible only for community members.
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは

583行目で何を変更するかが正確にわからないため、base.py を添付しました。 これはあなたの base.py とは違うと思います...。ただし、以下をお読みください

$ cysecuretools -t CY8CKIT-064S0S2-4343W -p policy/policy_multi_CM0_CM4_tfm_dev_certs.json re-provision-device

成功しているようで、reprov_helperスクリプトを実行する必要はないとおっしゃいました。

したがって、次のステップは「シリアルターミナルエミュレータを開き、KitProg3を選択する」ステップだと思います。

cjh39_0-1699520849499.png

問題は、これがAWS_IoT_OTA_Using_MQTT_F1の README.md です

次の手順のドキュメント「ステップバイステップ」の指示のどこにも表示されません。

「READMEのステップバイステップの指示に従ってアプリケーションをビルドしてプログラムする」はどこにありますか?

指示に従うのは非常に難しいです。

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

ビルドとプログラムのアプリケーションは、「操作」セクション(ステップ7)にあります。 ステップ1からステップ6は、初期設定とWifiクレデンシャルの更新に関するものです。

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

非アクティブのためスレッドがロックされています。

smartconx_target@Q!w2e3r4t5y6u7i8o9p0||/t5/PSoC-6/Unable-to-reprovision/m-p/647633

0 件の賞賛