Tip / Sign in to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

PSoC™ 5, 3 & 1 Forum Discussions

YuMa_1534086
Level 6
Level 6
100 solutions authored 50 solutions authored 25 solutions authored

⇒ https://community.cypress.com/thread/42018

本ICはリプル・スパイクノイズの規定が無いと以前回答を頂きましたが(上記リンク参照)、

規定していない理由はVDD端子内部にregulatorがあるためでしょうか?

ただ内部LDOを持つMBR3にはリプル電圧の規定がDSに御座います。

MBR2のDSでリプル・スパイクノイズの規定をしていない理由をご教授頂けないでしょうか?

またMBR2において守るべき規定はDSの注釈にあるように、5%以上の大きな電圧ドロップが生じる場合のその電圧ドロップのスピード規定、

および1.75~1.9Vから2V以上に電圧を上昇させるときのスピード規定という理解で良いでしょうか?                                                                             

電源電圧で規定している内容は電圧範囲(1.71V to 5.5V)、Power supply slew rate(250Vms_max)の規定と下記の注釈(5~7)のみでしょうか?

=====================================================================

5. When VDD remains in the range from 1.75 V to 1.9 V for more than 50 µs, the slew rate when moving from the 1.75 V to 1.9 V range to greater than 2 V must be slower than 1 V/500 µs. This helps to avoid triggering POR. The only other restriction on slew rates for any other voltage range or transition is the SRPOWER_UP parameter.

6. After power down, ensure that VDD falls below 100 mV before powering backup.

7. For proper CapSense block functionality, if the drop in VDD exceeds 5% of the base VDD, the rate at which VDD drops should not exceed 200 mV/s. Base VDD can be between 1.8 V and 5.5

=====================================================================

どうか宜しくお願い致します。

0 Likes
1 Solution
TakashiM_61
Moderator
Moderator
Moderator
1000 replies posted 500 solutions authored 750 replies posted

① MBR2ではVDDは直接CapSenseのRaw Countには使用されません(CapSense scanningはVrefとGND)。

よって、VDDのリップルがCapSenseに対して影響がないため規定はありません。

一方、MBR3は二つのscanning mode、sourcing及びsinkingがございます。もしsinking modeの場合、scanはVDDとVrefで行われるためリップルの規定があります。

② ご理解の通りです。また、MBR2044 Design Guideも参考にしてください。

View solution in original post

0 Likes
2 Replies
TakashiM_61
Moderator
Moderator
Moderator
1000 replies posted 500 solutions authored 750 replies posted

① MBR2ではVDDは直接CapSenseのRaw Countには使用されません(CapSense scanningはVrefとGND)。

よって、VDDのリップルがCapSenseに対して影響がないため規定はありません。

一方、MBR3は二つのscanning mode、sourcing及びsinkingがございます。もしsinking modeの場合、scanはVDDとVrefで行われるためリップルの規定があります。

② ご理解の通りです。また、MBR2044 Design Guideも参考にしてください。

0 Likes

ご回答有難う御座います。

承知致しました。

0 Likes