リアルタッチとゴーストタッチの違い

Tip / ログイン to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

cross mob
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちはコミュニティ、

 

CapSense周辺機器のリアルタッチとゴーストタッチの違いを CAN 知りたいです。 自動的にオンとオフを切り替えるタッチスイッチで多くの問題に直面しています。

Surfaceとタッチパッドの間にエアギャップを設けませんでした。

0 件の賞賛
1 解決策
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは @loop_y0u

 

有効なタッチ: フィンガーしきい値パラメーターは、ヒステリシスパラメーターとともに使用され、次のようにセンサーの状態を決定します。

センサーの状態 = ON 信号≥フィンガーしきい値 + ヒステリシスの場合
                              信号がフィンガースレッショルド≤ - ヒステリシスの場合は                              オフ

指のしきい値を信号の80%に設定することをお勧めします。 この設定により、十分なマージンが
複数のPCBにわたる信号変動に対するセンサーのON/OFF状態を確実に検出します。

 

以下のパラメータを確認することをお勧めします。

ベースライン

ベースライン更新アルゴリズム

指のしきい値

ヒステリシス

ノイズしきい値

負のノイズしきい値

低ベースラインリセット

デバウンス

センサー自動リセット

これらのパラメータ CAN CAPSENSEデザインガイド https://www.infineon.com/dgdl/Infineon-AN85951_PSoC_4_and_PSoC_6_MCU_CapSense_Design_Guide-Applicati... ページ番号93から97にあります。

 

チューニング関連の問題がある場合は、CAPSENSEデザインガイドのセクション5.3.2.4ボタンウィジェットのチューニングを参照することをお勧めします https://www.infineon.com/dgdl/Infineon-AN85951_PSoC_4_and_PSoC_6_MCU_CapSense_Design_Guide-Applicati... 

 

ゴーストタッチ:  CAPSENSEシグマデルタモード(CSDモード)では、 図15(CAPSENSE設計ガイド23ページ) に示すように、各ボタンは行センサーと列センサーで構成されます。 ボタンをタッチすると、そのボタンの行センサーと列センサーの両方がアクティブになります。 CSD ベースのマトリックス ボタンは、ユーザーが一度に 1 つのボタンに触れることが予想される場合にのみ使用する必要があります。 ユーザーが斜めに反対する複数のボタンに触れると、 図16(CAPSENSE設計ガイド24ページ) に示すように、指の位置を解決できません。 この効果は ゴースト効果と呼ばれ、無効な条件と見なされます。

相互容量 または CSX CAPSENSEモード は、ゴーストタッチ現象の影響を受けず、高CpセンサーのSNRが向上するため、マトリックスボタンに推奨される検出方法です。 これは、 図17(CAPSENSE設計ガイド25ページ) のように行や列を感知するのではなく、各交点で形成される相互容量を感知するためです。 Shift、Ctrl、および Alt キーを備えたキーボードなど、複数のボタンを同時に検出する必要があるアプリケーションでは、CSX 検出方法を使用するか CAN Shift、Ctrl、および Alt キーを個別の CSD ボタンとして設計する必要があります。

 

ゴーストタッチは偽のタッチではありません。

 

お役に立てれば!
感謝!
敬具

アルピット・スリバスタフ

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
1 返信
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは @loop_y0u

 

有効なタッチ: フィンガーしきい値パラメーターは、ヒステリシスパラメーターとともに使用され、次のようにセンサーの状態を決定します。

センサーの状態 = ON 信号≥フィンガーしきい値 + ヒステリシスの場合
                              信号がフィンガースレッショルド≤ - ヒステリシスの場合は                              オフ

指のしきい値を信号の80%に設定することをお勧めします。 この設定により、十分なマージンが
複数のPCBにわたる信号変動に対するセンサーのON/OFF状態を確実に検出します。

 

以下のパラメータを確認することをお勧めします。

ベースライン

ベースライン更新アルゴリズム

指のしきい値

ヒステリシス

ノイズしきい値

負のノイズしきい値

低ベースラインリセット

デバウンス

センサー自動リセット

これらのパラメータ CAN CAPSENSEデザインガイド https://www.infineon.com/dgdl/Infineon-AN85951_PSoC_4_and_PSoC_6_MCU_CapSense_Design_Guide-Applicati... ページ番号93から97にあります。

 

チューニング関連の問題がある場合は、CAPSENSEデザインガイドのセクション5.3.2.4ボタンウィジェットのチューニングを参照することをお勧めします https://www.infineon.com/dgdl/Infineon-AN85951_PSoC_4_and_PSoC_6_MCU_CapSense_Design_Guide-Applicati... 

 

ゴーストタッチ:  CAPSENSEシグマデルタモード(CSDモード)では、 図15(CAPSENSE設計ガイド23ページ) に示すように、各ボタンは行センサーと列センサーで構成されます。 ボタンをタッチすると、そのボタンの行センサーと列センサーの両方がアクティブになります。 CSD ベースのマトリックス ボタンは、ユーザーが一度に 1 つのボタンに触れることが予想される場合にのみ使用する必要があります。 ユーザーが斜めに反対する複数のボタンに触れると、 図16(CAPSENSE設計ガイド24ページ) に示すように、指の位置を解決できません。 この効果は ゴースト効果と呼ばれ、無効な条件と見なされます。

相互容量 または CSX CAPSENSEモード は、ゴーストタッチ現象の影響を受けず、高CpセンサーのSNRが向上するため、マトリックスボタンに推奨される検出方法です。 これは、 図17(CAPSENSE設計ガイド25ページ) のように行や列を感知するのではなく、各交点で形成される相互容量を感知するためです。 Shift、Ctrl、および Alt キーを備えたキーボードなど、複数のボタンを同時に検出する必要があるアプリケーションでは、CSX 検出方法を使用するか CAN Shift、Ctrl、および Alt キーを個別の CSD ボタンとして設計する必要があります。

 

ゴーストタッチは偽のタッチではありません。

 

お役に立てれば!
感謝!
敬具

アルピット・スリバスタフ

0 件の賞賛