BTT62004ESA

Tip / ログイン to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

cross mob
lock attach
Attachments are accessible only for community members.
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは

BTT62004ESA部分を使用しています。

入力側のプルダウン抵抗について質問があります。

データシートで部品番号を参照するBTT62004ESA、この部品で電流検出ISピンを使用する場合を除き、プルダウンを行うことは推奨されていません。

現在、ISピン機能を使用していません-参考までに!

また、添付のドキュメントリファレンスごとにアプリケーションノート/図29を参照していますが、RINとして10Kオームの抵抗を直列にすることを提案しています。

その場合、10Kオームのプルダウン抵抗値でテストされた添付の回路図を再確認 CAN 、回路図をそのままにしておいても大丈夫かどうかを理解するために手を差し伸べていますか、それとも入力ピンでプルダウン抵抗を使用することについて何か特定のコメントがありますか?

0 件の賞賛
1 解決策
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちはヴィナイク、

IN端子のプルダウン抵抗と直列抵抗は目的が異なります。 INピンをどのように使用するかによって異なります。 INピンが必要ない場合は、回路図に示すように、10k抵抗を介してGNDに接続することをお勧めします。

Xiangrui_0-1693970131515.png

ただし、INピンを使用する場合は、アプリケーションノートの直列抵抗が過電圧時にマイクロコントローラを保護し、この場合のプルダウン抵抗は冗長です。

よろしく

シャンルイ

 

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
2 返答(返信)
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちはヴィナイク、

IN端子のプルダウン抵抗と直列抵抗は目的が異なります。 INピンをどのように使用するかによって異なります。 INピンが必要ない場合は、回路図に示すように、10k抵抗を介してGNDに接続することをお勧めします。

Xiangrui_0-1693970131515.png

ただし、INピンを使用する場合は、アプリケーションノートの直列抵抗が過電圧時にマイクロコントローラを保護し、この場合のプルダウン抵抗は冗長です。

よろしく

シャンルイ

 

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

迅速なレビューと対応ありがとうございます。

0 件の賞賛