Tip / Sign in to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

CY8C62x4デバイスのTCPWMブロック - KBA231254

CY8C62x4デバイスのTCPWMブロック - KBA231254

Infineon_Team
Moderator
Moderator
Moderator
5 replies posted First solution authored First comment on KBA

CY8C62x4デバイスのTCPWMブロック - KBA231254

Translated by: keni_4440091

Original KBA: TCPWM Block of CY8C62x4 Devices - KBA231254

Version: **

 

質問:

CY8C62x4デバイスのTCPWMブロックは、他のPSoC 6 MCUデバイスと比較して何が異なりますか?

 

回答:

注: この記事は、PSoC MCUデバイスのTCPWMブロック、およびその様々な動作モードに関して熟知している読者を前提としています。

 

CY8C62x4 (256K フラッシュ付きPSoC 6 MCU)デバイスには、主にモーター制御アプリケーション、および特にフィールドオリエンテッド制御(FOC)をターゲットとした新しいバージョンのTCPWMブロックがあります。

 

以下は、このアプリケーションをサポートする主な変更点と、その使用例のリストです。

 1.  2番目のキャプチャ/コンペア機能

CY8C62x4 TCPWMブロックには、2つのコンペア/キャプチャ レジスタ(CC0およびCC1)がありますが、他のPSoC 6 MCUのブロックには一つしかありません。CC0およびCC1の両方の機能は同じです。標準のアプリケーションは低CPU負荷(単一のCC機能を使用した生成と比較して)で非対称PWM信号の生成です。これらの信号はシングル-シャント電流測定を可能にするモーター制御アプリケーションで広く使用されます。

 2.  即座にPWMをキル

キル入力は、他のPSoC 6 MCUデバイスでは低いカウンタークロックであるのに対して、高速周辺クロックと同期されます。これにより、モーター制御アプリケーションの短絡回路でPWM信号をキルする緊急事態では、応答時間が良くなります。

 3.  2番目のキル入力トリガ

CY8C62x4のTCPWMブロックは2つのキル入力トリガがありますが、他のPSoC 6 MCUデバイスのブロックは1つしかありません。共通のキル入力は、複数PWMの同期停止/キル動作を可能にするトリガマルチプレクサブロックから選択できます。専用のADC範囲外のトリガは、PWM信号のリアルタイムハードウェア停止を可能にする追加のキル入力として選択できます。

4.  ライン、およびコンプリメンタリライン出力信号の独立デッドタイム

CY8C62x4では、PWMラインおよびコンプリメンタリライン出力信号は異なるデッドタイムになるように構成できますが、他のPSoC 6 MCUでは両方の出力は共通デッドタイムを持ちます。デッドタイムはモーター制御アプリケーションで短絡回路を防ぐように使用されます。この機能により、出力間のギャップを細かく制御するようになります。

5.  一致イベントの比較は、カウンターがアップ、またはダウンカウントしている時に独立して有効化、無効化できます

CY8C62x4 TCPWMブロックには、前述したように2つのコンペア/キャプチャレジスタ(CC0およびCC1)があります。カウンターがアップ/ダウンモードで動作する設定の場合(ピリオドまでカウントアップし、ゼロまでカウントダウン)、CC0およびCC1の比較一致イベントは、アップカウント、またはダウンカウントのどちらでも独立して有効化、無効化にできます。この機能は非同期PWM信号生成で使用されます。

 

資料: Device DatasheetsTechnical Reference Manuals

0 Likes
14 Views
Contributors