Tip / Sign in to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

AURIX™ MCU: FMEDA – KBA236341

AURIX™ MCU: FMEDA – KBA236341

Infineon_Team
Moderator
Moderator
Moderator
5 replies posted First solution authored First comment on KBA

AURIX™ MCU: FMEDA – KBA236341

Translated by: NXTY_Tamura

Original KBA: AURIX™ MCU: FMEDA – KBA236341

バージョン **

FMEDA (Failure Modes, Effects, and Diagnostic Analysis) は定量的なボトムアップ解析です。ハードウェアのランダムな故障が安全要件や安全目標に与える影響を分析するもので、故障率や安全目標違反の確率や割合の定量的な推定を含むため、ハードウェアに対してのみ実行されます。

ISO 26262-5:2018の目的の1つは、安全関連のランダムなハードウェア故障を検出し制御するための品目のハードウェア・アーキテクチャ設計の適合性に対する証拠(ハードウェア・アーキテクチャのメトリックに基づく)を提供することです。

ISO 26262-5:2018では、2つのハードウェア・アーキテクチャ・メトリクスを記述しています。ランダムなハードウェア障害に対処するための品目のアーキテクチャの有効性の評価のためのシングル・ポイント故障率(SPFM)及び潜在的故障率(LFM)及び関連する目標値(ASIL依存)です。

ISO 26262-5:2018で要求されているように、ランダムなハードウェア故障のために安全目標違反の評価を行います。この分析の目的は、アイテムのランダムなハードウェア故障のために安全目標違反の残留リスクが十分に低いという証拠を提供することです。

ISO 26262-5:2018による2つの代替方法を以下に示します。

・方法1:ハードウェアのランダム故障に対する確率的メトリック(PMHF)は、ハードウェア要素のランダム故障による考慮された安全目標の違反を評価する定量的分析を表します。
・方法2:安全目標違反の各原因の評価(EEC)。

Infineonは、定量分析であるPMHF法を採用し、その結果を目標値(ASIL依存)と比較します。


ISO 26262-5:2018のうち、SPFM、LFM、PMHFの目標値は以下の通り:

Table 1 Possible source for derivation of the target single-point fault metric value(シングル・ポイント故障率(single-point fault metric)目標値)

 

ASIL B

ASIL C

ASIL D

Single-point fault metric

≥ 90%

≥ 97%

≥ 99%

 

Table 2 Possible source for derivation of the target latent-point fault metric value(潜在的ポイント故障率(latent-point fault metric)目標値)

 

ASIL B

ASIL C

ASIL D

Latent-point fault metric

≥ 60%

≥ 80%

≥ 90%

 

Table 3 Possible source for derivation of the random hardware failure target value(ランダム・ハードウェア故障(random hardware failure)目標値)

 

ASIL B

ASIL C

ASIL D

Random hardware failure target

< 10-7 h-1 < 10-7 h-1 < 10-8 h-1

この安全解析(FMEDA)の結果は、ISO 26262-5:2018に準拠したハードウェア・アーキテクチャ・メトリクス(hardware architectural metrics) (SPFM and LFM) と PMHFです。

0 Likes
19 Views
Contributors