Tip / Sign in to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

AIROC™ IFW956810 CCM評価キットとMCU開発システムとの接続方法 - KBA236179

AIROC™ IFW956810 CCM評価キットとMCU開発システムとの接続方法 - KBA236179

Infineon_Team
Moderator
Moderator
Moderator
5 replies posted First solution authored First comment on KBA

AIROC™ IFW956810 CCM評価キットとMCU開発システムとの接続方法 - KBA236179

Translated by: NXTY_Shibutani

Original KBA: How to connect the AIROC™ IFW956810 CCM evaluation kit to the MCU development system - KBA236179

バージョン: **

このKBAは、ホストMCUAIROC™ IFW956810 Cloud Connectivity Manager(CCM)評価キットを接続する方法を説明します。

 注意:ホストMCUは、CCMモジュールとのインタフェースとして使用できるUARTペリフェラルを持っている必要があります。

1 AIROC™ IFW956810 CCM評価キットのジャンパ設定 

Infineon_Team_0-1669702685941.png

1 AIROC™ IFW956810 CCM評価キットのジャンパ設定

1.赤色のハイライトは、J60(8x2)ヘッダピンを示しています。J60(8x2)ヘッダピンのジャンパを全て外してください。
2.黄色のハイライトは、J61(3x1)ヘッダピンを示しています。ピン12の間にジャンパが存在することを確かめます。

1に示すように、ピン3は空でなければなりません(3.3Vを選択するため)

2 CCM評価キットとMCUの接続

Infineon_Team_1-1669702686045.png

2 CCM評価キットとMCU

 MCUCCM評価キットの間で以下の接続を行います。

3.3V -> VDD_33
UART-TX -> RXD
UART-RX -> TXD
GND -> GND

INTピン、MSGピンの接続は任意です。

 注意:

1.INTピンはウェイクアップピンです。MCUGPIOピンを使ってINTピンのアサートを解除することにより、スリープ/ディープスリープモードにあるCCM評価キットをウェイクアップすることができます。

2.MSGピンはイベント・ピンです。このピンは、CCM評価キットで利用可能なイベント・メッセージがある場合にアサートされ、MCUCCM評価キットからすべてのイベントを読み込んだ後にアサートが解除されます。

CCMがイベントを発生させる一般的なシナリオは次のとおりです。

CCM再起動時
・サブスクライブ中のトピックに新しいメッセージを受信した時
・新しいOTAアップグレードが可能な時
HOTAアップグレードが可能な時
Wi-Fi接続が切れた時

3 Arduino Unoアダプタを使用してCCM評価キットとMCUを接続

MCUArduinoに対応している場合は、CCMMCUの接続にArduinoのアダプタを使用します。Arduinoアダプタは、www.infineon.comで購入することができます。

Infineon_Team_2-1669702685955.png

3 PSoC™ 62S2 Wi-Fi Bluetooth®パイオニアキット(CY8CKIT-062S2-43012)Arduino UnoアダプタでCCM評価キットに接続

Infineon_Team_3-1669702686114.png

4 Arduino Unoアダプタ

Infineon_Team_4-1669702686610.png

5 Arduino Unoアダプタのジャンパ設定

1.Arduino UnoアダプタのJ62J68J67J69のジャンパ設定は、使用するMCUに合わせて選択します。

2.MCUTXD(UART)TXD_UNOに接続します。

3.MCURXD(UART)RXD_UNOに接続します。

4.INTピンをD2またはD4に接続します。

5.MSG_UNOD3またはD5に接続します。

4 MCUCCM間のUARTコンフィギュレーション

・ボーレート:115200
・パリティ:なし
・データビット:8ビット
・ストップビット:1ビット

 注意:UART経由でATコマンドを送信するようにMCUをプログラミングし、MCUCCMの接続を確認してください。

0 Likes
59 Views