Tip / Sign in to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

XENSIV™ BGT60LTR11AIP: Frequently asked questions – KBA236598

h_nakamura
Level 4
Level 4
5 solutions authored 50 replies posted 100 sign-ins

I'd like to translate below into Japanese, please confirm to my work.

XENSIV™ BGT60LTR11AIP: Frequently asked questions – KBA236598

Best regards,https://community.infineon.com/t5/Knowledge-Base-Articles/XENSIV-BGT60LTR11AIP-Frequently-asked-ques...

h_nakamura

0 Likes
1 Solution

XENSIV™ BGT60LTR11AIP: よくある質問 – KBA236598

バージョン: **

 

質問 1: DEMO BGT60LTR11AIP のシールドは自律モードで使用できますか?

 

回答: 注文部品番号 (OPN) が異なる 2 つの製品があります。

 

SHIELD_AUTONOM_BGT60: 自律的に構成された BGT60LTR11AIP シールド

DEMO BGT60LTR11AIP: SPIを介して構成された BGT60LTR11AIP シールド+ レーダー ベースボード MCU7

 

DEMO BGT60LTR11AIP は、SPI モードを介して構成された BGT60LTR11AIP シールドに基づいています。 シールドを SPI モードではなく自律 (パルス) モードに変換するには、 1 に示すように、ハードウェアを変更する (QS1 入力から R3 抵抗を削除する) 必要があります。

h_nakamura_0-1672881433036.png

 

1 シールドを自律モードに変換

 

質問 2: BGT60LTR11AIP の「モーション トラッカー」および「方向トラッカー」レーダー フュージョン GUI 表示プロットのデータ ソースは何ですか?

 

回答: BGT60LTR11AIP の「モーション トラッカー」および「方向トラッカー」フュージョン GUI 表示プロットは、「レーダー統合モーション センシング」アプリケーションが選択されている場合の MMIC レーダー内部検出器の出力です。 一方、「SPI による高度なモーション センシング」を選択すると、モーション トラッカーは、実行中の高度なモーション センシング アルゴリズムの結果を表示します。

 

h_nakamura_1-1672881433065.png

 

2 Radar Fusion GUI のセットアップ

 

質問 3: BGT60LTR11AIP のサンプリング レートを変更するにはどうすればよいですか? 3000Hz限定ですか?

 

回答: Radar BGT60LTR11AIP IDC パッケージから入手できる Python ラッパーは、パルス モード構成の DEMO ボードで実行されます。 このような構成では、サンプリング レートは無視されます。 代わりに、次の式に基づくパルス繰り返し時間 (PRT) の値に依存します。

 

サンプリングレート (Hz) = 1 / PRT ()

 

BGT60LTR11AIP は、250 µs500 µs1000 µs、および 2000 µs PRT 値を提供します。 これは、4000 Hz が最大サンプリング レートであることを意味します。

 

質問 4: BGT60LTR11AIP が連続波モードで動作しないのはなぜですか?

 

回答: 連続波 (CW) モードで BGT60LTR11AIP を実行すると、次のようになります。

 

・より高い電力を消費します

LDOの加熱

・デバイスが同一チャネル干渉に対して非常に敏感になる

従って、CW モードは、FCC ETSI 認証などのテスト シナリオにのみ使用できます。

 

質問 5: DEMO BGT60LTR11AIP ボードをリセットするにはどうすればよいですか?

 

回答: 次の手順を実行します。

 

  1. デモボードを USB 経由で PC に接続します。
  2. 3 に示すように、TP1 消去ピンを 3.3V ピンに 3 秒間接続してボードをリセットします。オス対オスのコネクタを使用します。
  3. ボードを USB ポートから取り外し、再度接続します。

h_nakamura_2-1672881433109.png

 

 

3 デモ BGT60LTR11AIP ボード

 

質問 6: DEMO BGT60LTR11AIP Adaptive Pulse Repetition Time (APRT) を有効にするにはどうすればよいですか?

 

回答: 適応パルス繰り返し時間は、MMIC SPI モードで使用されている場合の省電力オプションです。 有効にすると (Reg2: aprt で設定)、ターゲットが検出されない場合に PRT 248、または 16 (Reg13: prt_mult で設定) に乗算します。 ターゲットが検出されると、PRT はデフォルト値に戻り、信頼性の高い検出が保証されます。

 

これにより、ターゲットが検出された場合にのみデフォルトの PRT が使用されるため、MMIC のオン時間が効果的に短縮され、全体の消費電力が削減されます。 ユースケースと選択した乗数値に応じて、シールドの消費電力を大幅に削減できます。

 

DEMO BGT60LTR11AIP デバイスの APRT を有効にするには、次の手順を実行します。

 

  1. aprt (Reg2[14]) ビットを「1」に設定して APRT を有効にします。
  2. prt_mult (Reg13[1:0]) ビットを必要な値 (000110、または 11) に設定して、乗算係数 (248、または 16) を選択します。

Radar BGT60LTR11AIP IDC パッケージから入手できる Python ラッパーを使用して、次の API を使用してこれらの変更を行うことができます。

 

write_register(self, addr, value)

 

read_register(self, addr)

 

以下は、Python ラッパーに基づいて APRT をアクティブ化する例です。

 
  h_nakamura_3-1672881433118.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質問 7: アダプティブ PRT を有効にした後に検出される最大範囲は?

 

回答: 次の表は、デフォルト設定 (Radar Fusion GUI と同様) を使用した DEMO BGT60LTR11AIP の人間のターゲットの最大検出範囲を示しています: パルス幅 (PW) = 5µsecPRT = 500µsec、保持時間 = 1sec、しきい値 = 80、 送信電力 = 7IF ゲイン = 50 dB

 

1 DEMO BGT60LTR11AIP の人体ターゲットの最大検出距離

APRT PRT factor

Maximum detection range (m)

0

6.2

2

6.03

4

6

8

6.1

16

5.7

質問 8: SPI_RST ピンの機能は何ですか?

 

回答:SPI_RST LOW にプルされると、パワーアップと同様の方法でチップが完全にリセットされます。 SPI_RST=0 である限り、プロセスは開始されません。 いくらかの定電流 (リークのようなものなので、非常に低いと想定されます) だけが引き出されます。

 

SPI_RST ピンが HIGH にプルされると、チップはアクティブ状態に移行します。 SPI_RST が「1」になると、PLLRF、パワー アンプ、ベースバンドなどのプロセスが、パワーオン リセット後に開始されるプロセスと同様にアクティブになります (つまり、SPI_RST=1 のときに VDD が適用された場合)。 そして、チップは常にリセットされます。 それが最初のブートプロセスかどうかはわかりません。

 

質問 9: BGT60LTR11AIP のオン時間とオフ時間は?

 

回答: オフからオンへの時間については、パルス モードで有効な「最初のターゲットまでの最初の起動」の結果を示した 2 を参照してください。

 

2 最初のターゲットまでの最初の起動

PLL_Trig

SPIDI

SPICLK

dc_rep_rate (Reg7[11:10])

mean_win_len
(Reg13[4:2])

phase_win_len
(Reg13[7:5])

Resulting “first boot-up until first target”

0

*

*

(1)10=(01)2: 500 µs

01XOR00=01: 512

01XOR00=01: 512

342 ms

1

0

0

(1)10=(01)2: 500 µs

01XOR00=01: 512

01XOR00=01: 512

342 ms

1

0

1

(1)10=(11)2: 2000 µs

11XOR00=11: 128

11XOR00=11: 128

438 ms

1

1

0

(1)10=(00)2: 250 µs

00XOR00=00: 256

00XOR00=00: 256

134 ms

1

1

1

(1)10=(10)2: 1000 µs

10XOR00=10: 256

10XOR00=10: 256

374 ms

質問 10: Arduino MKR を使用して BGT60LTR11AIP から I/Q データを抽出するにはどうすればよいですか?

 

回答:MMIC は、QS1 ピンで動作モードを変更することにより、SPI モードもサポートします (下の表を参照)。 このモードでは、BGT60LTR11AIP からレーダー生データを抽出して、PC または SPI を使用する外部 MCU で信号処理を行うことができます。 このサンプリングされたレーダー データは、カスタマイズされたアルゴリズムの開発に使用できます。

 

シールドは、Arduino MKR ボードまたは Infineon Radar Baseboard MCU7 にも取り付けることができます。 シールドには、MKR ボード上のシールドを介して直接 I/Q データを読み取るためのピン配列がないため、TD および PD ピンのみを使用してモーションおよびモーション情報の方向を取得できます。 したがって、I/Q データを抽出する最良の方法は、Radar Fusion GUI を使用してデータを記録し、後で MATLAB で解析することです。

 

 

*DNP: Do Not Populate/Do Not Place

4 QS1 の設定

 

詳細については、AN608 – XENSIVTM BGT60LTR11AIP シールドを参照してください。

 

質問 11: DEMO BGT60LTR11AIP で静止物体と微動を検出するアルゴリズムをカスタマイズすることは可能ですか?

 

回答: BGT60LTR11AIP は、動きに依存するドップラー原理に基づいています。 そのため、近距離での呼吸などの微動は検出できますが、静止しているターゲットを完全に検出することはできません。

 

参考文献:

 

商品ページ

BGT60LTR11AIP データシート

BGT60LTR11AIP 製品概要

デモ BGT60LTR11AIP ボード

DEMO BGT60LTR11AIP シールド アプリケーション ノート

レーダー開発キット

レーダーフュージョン GUI

View solution in original post

0 Likes
3 Replies
IFX_Publisher2
Community Manager
Community Manager
Community Manager
500 replies posted 100 sign-ins First comment on blog

Hi, h_nakamura-san

Confirm to work this KBA.

Thanks,
Bindu

0 Likes

XENSIV™ BGT60LTR11AIP: よくある質問 – KBA236598

バージョン: **

 

質問 1: DEMO BGT60LTR11AIP のシールドは自律モードで使用できますか?

 

回答: 注文部品番号 (OPN) が異なる 2 つの製品があります。

 

SHIELD_AUTONOM_BGT60: 自律的に構成された BGT60LTR11AIP シールド

DEMO BGT60LTR11AIP: SPIを介して構成された BGT60LTR11AIP シールド+ レーダー ベースボード MCU7

 

DEMO BGT60LTR11AIP は、SPI モードを介して構成された BGT60LTR11AIP シールドに基づいています。 シールドを SPI モードではなく自律 (パルス) モードに変換するには、 1 に示すように、ハードウェアを変更する (QS1 入力から R3 抵抗を削除する) 必要があります。

h_nakamura_0-1672881433036.png

 

1 シールドを自律モードに変換

 

質問 2: BGT60LTR11AIP の「モーション トラッカー」および「方向トラッカー」レーダー フュージョン GUI 表示プロットのデータ ソースは何ですか?

 

回答: BGT60LTR11AIP の「モーション トラッカー」および「方向トラッカー」フュージョン GUI 表示プロットは、「レーダー統合モーション センシング」アプリケーションが選択されている場合の MMIC レーダー内部検出器の出力です。 一方、「SPI による高度なモーション センシング」を選択すると、モーション トラッカーは、実行中の高度なモーション センシング アルゴリズムの結果を表示します。

 

h_nakamura_1-1672881433065.png

 

2 Radar Fusion GUI のセットアップ

 

質問 3: BGT60LTR11AIP のサンプリング レートを変更するにはどうすればよいですか? 3000Hz限定ですか?

 

回答: Radar BGT60LTR11AIP IDC パッケージから入手できる Python ラッパーは、パルス モード構成の DEMO ボードで実行されます。 このような構成では、サンプリング レートは無視されます。 代わりに、次の式に基づくパルス繰り返し時間 (PRT) の値に依存します。

 

サンプリングレート (Hz) = 1 / PRT ()

 

BGT60LTR11AIP は、250 µs500 µs1000 µs、および 2000 µs PRT 値を提供します。 これは、4000 Hz が最大サンプリング レートであることを意味します。

 

質問 4: BGT60LTR11AIP が連続波モードで動作しないのはなぜですか?

 

回答: 連続波 (CW) モードで BGT60LTR11AIP を実行すると、次のようになります。

 

・より高い電力を消費します

LDOの加熱

・デバイスが同一チャネル干渉に対して非常に敏感になる

従って、CW モードは、FCC ETSI 認証などのテスト シナリオにのみ使用できます。

 

質問 5: DEMO BGT60LTR11AIP ボードをリセットするにはどうすればよいですか?

 

回答: 次の手順を実行します。

 

  1. デモボードを USB 経由で PC に接続します。
  2. 3 に示すように、TP1 消去ピンを 3.3V ピンに 3 秒間接続してボードをリセットします。オス対オスのコネクタを使用します。
  3. ボードを USB ポートから取り外し、再度接続します。

h_nakamura_2-1672881433109.png

 

 

3 デモ BGT60LTR11AIP ボード

 

質問 6: DEMO BGT60LTR11AIP Adaptive Pulse Repetition Time (APRT) を有効にするにはどうすればよいですか?

 

回答: 適応パルス繰り返し時間は、MMIC SPI モードで使用されている場合の省電力オプションです。 有効にすると (Reg2: aprt で設定)、ターゲットが検出されない場合に PRT 248、または 16 (Reg13: prt_mult で設定) に乗算します。 ターゲットが検出されると、PRT はデフォルト値に戻り、信頼性の高い検出が保証されます。

 

これにより、ターゲットが検出された場合にのみデフォルトの PRT が使用されるため、MMIC のオン時間が効果的に短縮され、全体の消費電力が削減されます。 ユースケースと選択した乗数値に応じて、シールドの消費電力を大幅に削減できます。

 

DEMO BGT60LTR11AIP デバイスの APRT を有効にするには、次の手順を実行します。

 

  1. aprt (Reg2[14]) ビットを「1」に設定して APRT を有効にします。
  2. prt_mult (Reg13[1:0]) ビットを必要な値 (000110、または 11) に設定して、乗算係数 (248、または 16) を選択します。

Radar BGT60LTR11AIP IDC パッケージから入手できる Python ラッパーを使用して、次の API を使用してこれらの変更を行うことができます。

 

write_register(self, addr, value)

 

read_register(self, addr)

 

以下は、Python ラッパーに基づいて APRT をアクティブ化する例です。

 
  h_nakamura_3-1672881433118.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質問 7: アダプティブ PRT を有効にした後に検出される最大範囲は?

 

回答: 次の表は、デフォルト設定 (Radar Fusion GUI と同様) を使用した DEMO BGT60LTR11AIP の人間のターゲットの最大検出範囲を示しています: パルス幅 (PW) = 5µsecPRT = 500µsec、保持時間 = 1sec、しきい値 = 80、 送信電力 = 7IF ゲイン = 50 dB

 

1 DEMO BGT60LTR11AIP の人体ターゲットの最大検出距離

APRT PRT factor

Maximum detection range (m)

0

6.2

2

6.03

4

6

8

6.1

16

5.7

質問 8: SPI_RST ピンの機能は何ですか?

 

回答:SPI_RST LOW にプルされると、パワーアップと同様の方法でチップが完全にリセットされます。 SPI_RST=0 である限り、プロセスは開始されません。 いくらかの定電流 (リークのようなものなので、非常に低いと想定されます) だけが引き出されます。

 

SPI_RST ピンが HIGH にプルされると、チップはアクティブ状態に移行します。 SPI_RST が「1」になると、PLLRF、パワー アンプ、ベースバンドなどのプロセスが、パワーオン リセット後に開始されるプロセスと同様にアクティブになります (つまり、SPI_RST=1 のときに VDD が適用された場合)。 そして、チップは常にリセットされます。 それが最初のブートプロセスかどうかはわかりません。

 

質問 9: BGT60LTR11AIP のオン時間とオフ時間は?

 

回答: オフからオンへの時間については、パルス モードで有効な「最初のターゲットまでの最初の起動」の結果を示した 2 を参照してください。

 

2 最初のターゲットまでの最初の起動

PLL_Trig

SPIDI

SPICLK

dc_rep_rate (Reg7[11:10])

mean_win_len
(Reg13[4:2])

phase_win_len
(Reg13[7:5])

Resulting “first boot-up until first target”

0

*

*

(1)10=(01)2: 500 µs

01XOR00=01: 512

01XOR00=01: 512

342 ms

1

0

0

(1)10=(01)2: 500 µs

01XOR00=01: 512

01XOR00=01: 512

342 ms

1

0

1

(1)10=(11)2: 2000 µs

11XOR00=11: 128

11XOR00=11: 128

438 ms

1

1

0

(1)10=(00)2: 250 µs

00XOR00=00: 256

00XOR00=00: 256

134 ms

1

1

1

(1)10=(10)2: 1000 µs

10XOR00=10: 256

10XOR00=10: 256

374 ms

質問 10: Arduino MKR を使用して BGT60LTR11AIP から I/Q データを抽出するにはどうすればよいですか?

 

回答:MMIC は、QS1 ピンで動作モードを変更することにより、SPI モードもサポートします (下の表を参照)。 このモードでは、BGT60LTR11AIP からレーダー生データを抽出して、PC または SPI を使用する外部 MCU で信号処理を行うことができます。 このサンプリングされたレーダー データは、カスタマイズされたアルゴリズムの開発に使用できます。

 

シールドは、Arduino MKR ボードまたは Infineon Radar Baseboard MCU7 にも取り付けることができます。 シールドには、MKR ボード上のシールドを介して直接 I/Q データを読み取るためのピン配列がないため、TD および PD ピンのみを使用してモーションおよびモーション情報の方向を取得できます。 したがって、I/Q データを抽出する最良の方法は、Radar Fusion GUI を使用してデータを記録し、後で MATLAB で解析することです。

 

 

*DNP: Do Not Populate/Do Not Place

4 QS1 の設定

 

詳細については、AN608 – XENSIVTM BGT60LTR11AIP シールドを参照してください。

 

質問 11: DEMO BGT60LTR11AIP で静止物体と微動を検出するアルゴリズムをカスタマイズすることは可能ですか?

 

回答: BGT60LTR11AIP は、動きに依存するドップラー原理に基づいています。 そのため、近距離での呼吸などの微動は検出できますが、静止しているターゲットを完全に検出することはできません。

 

参考文献:

 

商品ページ

BGT60LTR11AIP データシート

BGT60LTR11AIP 製品概要

デモ BGT60LTR11AIP ボード

DEMO BGT60LTR11AIP シールド アプリケーション ノート

レーダー開発キット

レーダーフュージョン GUI

0 Likes
IFX_Publisher2
Community Manager
Community Manager
Community Manager
500 replies posted 100 sign-ins First comment on blog

Hi, h_nakamura san,

Confirmed to receive this KBA.

Thank you for your contribution.

Thanks,
Bindu

0 Likes