Tip / Sign in to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

Handle MOTIX 6EDL7141 gate driver from unexpected reset or power down

NXTY_hayashi
Level 5
Level 5
10 solutions authored 25 replies posted 50 sign-ins

Hi,

I want to translate the following article into Japanese, please confirm to my work.
URL:https://community.infineon.com/t5/Knowledge-Base-Articles/Handle-MOTIX-6EDL7141-gate-driver-from-une...

Best Regards,
Kazunari Hayashi

0 Likes
1 Solution
NXTY_hayashi
Level 5
Level 5
10 solutions authored 25 replies posted 50 sign-ins

予期せぬリセットやパワーダウンが発生してもMOTIX™ 6EDL7141ゲート・ドライバの設定を保持する方法

インフィニオンのMOTIX™ 6EDL7141は、スマートゲートドライバICです。駆動特性のカスタム設定が可能です。
もし、MOTIX™ 6EDL7141が不意にリセットされたり、電源が落とされたりした場合、
どのようにカスタム設定を維持し、システムの損傷を防ぐか、その方法を説明します。
本記事では、2つの解決策を紹介します。

【解決策1】 MOTIX™ 6EDL7141のワンタイムパスワードを書き込む
MOTIX™ 6EDL7141にワンタイムパスワードを書き込む方法はいくつかあり、以下の使用シナリオに応じて選択することができます。

■シナリオ1: EVAL_6EDL7141_TRAP_1SH、EVAL_6EDL7141_FOC_3SHなど、Infineonからリリースされている評価ボードを使用する場合
この場合、BPA Motor Control GUIでボードに特化した新規プロジェクトを作成します。
パラメータが期待通りの設定であることを確認し、「Burn MOTIX™ 6EDL7141 OTP」ボタンをクリックします。

■シナリオ2:カスタム基板を使用する場合
参考までにボードの要件を以下に示します。
1. PVDD > 13Vであること
2. MOTIX™ 6EDL7141の降圧レギュレータが動作するためのインダクタンスとコンデンサが実装されていること
3. DVDDは降圧レギュレータから正常に生成されて、SPIが通信が可能であること
4. SPIのインターフェース外部ピンが有効であること

この場合、6EDL7141_SPI_LINKを使い、カスタムボード上のSPIインターフェースに接続し、
MOTIX™ 6EDL7141を焼き付けることができます。
なお、6EDL7141_SPI_LINKはInfineon製のボードで、片方のインタフェースがUSB、もう片方がSPIコネクタになっています。
・BPA Motor Control GUIで「6EDL7141 Stand-alone」のプロジェクトを新規に作成します。
・Select COM Port "をクリックして、GUIとMOTIX™ 6EDL7141の通信が正常であることを確認します。
・パラメータを設定し、期待通りの設定であることを確認し、「6EDL7141 OTPを書き込む」ボタンをクリックします。

■シナリオ3:マスプロダクション時のMOTIX™ 6EDL7141チップ単独の場合
このシナリオでは、ボードなしのMOTIX™ 6EDL7141チップ単独で、ボード実測なし周辺部品がない状態です。サードパーティのプログラマを使用して、MOTIX™ 6EDL7141チップのOTPを直接書き込むことができます。
XELTEK社のSuperPro 7500NまたはSuperPro7504がその選択肢の一つです。
公式サイト https://www.xeltek.com/ をご参照ください。

【解決策2】MCUソフトウェアによる堅牢性向上策
コントロール側のMCUに監視用ソフトウェアを追加することで、堅牢性を向上させることができます。
以下にその例を示します。
電源投入後、OTP_PROG レジスタの USER_ID ビットフィールドに、デフォルト値である 0 以外のプリセット値を書き込みます。
例えば、USER_IDに0xFを書き込みます。
コントロール側のMCUソフトウェアでUSER_IDビットフィールドをポーリングする。
このビットフィールドの値がプリセット値(この例では0xF)から変化した場合、予期しないリセットと見なすことができます。
この状態をファームウェアが故障と判断し、関連する保護措置を講じることができる。


【まとめ】
OTPとUSER_IDの書き込みフィールドを活用し、MOTIX™ 6EDL7141はリセットや予期せぬパワーダウンに適切に対処することができます。
OTPは一度しかプログラムできないので、OTP設定前に最終的なパラメータとして固定化できることを十分に確認することを推奨します。

以上

View solution in original post

0 Likes
3 Replies
IFX_Publisher2
Community Manager
Community Manager
Community Manager
10 likes received 500 replies posted 100 sign-ins

Hi Kazunari Hayashi san,

Confirm to work on this KBA

Thanks,
Bindu

0 Likes
NXTY_hayashi
Level 5
Level 5
10 solutions authored 25 replies posted 50 sign-ins

予期せぬリセットやパワーダウンが発生してもMOTIX™ 6EDL7141ゲート・ドライバの設定を保持する方法

インフィニオンのMOTIX™ 6EDL7141は、スマートゲートドライバICです。駆動特性のカスタム設定が可能です。
もし、MOTIX™ 6EDL7141が不意にリセットされたり、電源が落とされたりした場合、
どのようにカスタム設定を維持し、システムの損傷を防ぐか、その方法を説明します。
本記事では、2つの解決策を紹介します。

【解決策1】 MOTIX™ 6EDL7141のワンタイムパスワードを書き込む
MOTIX™ 6EDL7141にワンタイムパスワードを書き込む方法はいくつかあり、以下の使用シナリオに応じて選択することができます。

■シナリオ1: EVAL_6EDL7141_TRAP_1SH、EVAL_6EDL7141_FOC_3SHなど、Infineonからリリースされている評価ボードを使用する場合
この場合、BPA Motor Control GUIでボードに特化した新規プロジェクトを作成します。
パラメータが期待通りの設定であることを確認し、「Burn MOTIX™ 6EDL7141 OTP」ボタンをクリックします。

■シナリオ2:カスタム基板を使用する場合
参考までにボードの要件を以下に示します。
1. PVDD > 13Vであること
2. MOTIX™ 6EDL7141の降圧レギュレータが動作するためのインダクタンスとコンデンサが実装されていること
3. DVDDは降圧レギュレータから正常に生成されて、SPIが通信が可能であること
4. SPIのインターフェース外部ピンが有効であること

この場合、6EDL7141_SPI_LINKを使い、カスタムボード上のSPIインターフェースに接続し、
MOTIX™ 6EDL7141を焼き付けることができます。
なお、6EDL7141_SPI_LINKはInfineon製のボードで、片方のインタフェースがUSB、もう片方がSPIコネクタになっています。
・BPA Motor Control GUIで「6EDL7141 Stand-alone」のプロジェクトを新規に作成します。
・Select COM Port "をクリックして、GUIとMOTIX™ 6EDL7141の通信が正常であることを確認します。
・パラメータを設定し、期待通りの設定であることを確認し、「6EDL7141 OTPを書き込む」ボタンをクリックします。

■シナリオ3:マスプロダクション時のMOTIX™ 6EDL7141チップ単独の場合
このシナリオでは、ボードなしのMOTIX™ 6EDL7141チップ単独で、ボード実測なし周辺部品がない状態です。サードパーティのプログラマを使用して、MOTIX™ 6EDL7141チップのOTPを直接書き込むことができます。
XELTEK社のSuperPro 7500NまたはSuperPro7504がその選択肢の一つです。
公式サイト https://www.xeltek.com/ をご参照ください。

【解決策2】MCUソフトウェアによる堅牢性向上策
コントロール側のMCUに監視用ソフトウェアを追加することで、堅牢性を向上させることができます。
以下にその例を示します。
電源投入後、OTP_PROG レジスタの USER_ID ビットフィールドに、デフォルト値である 0 以外のプリセット値を書き込みます。
例えば、USER_IDに0xFを書き込みます。
コントロール側のMCUソフトウェアでUSER_IDビットフィールドをポーリングする。
このビットフィールドの値がプリセット値(この例では0xF)から変化した場合、予期しないリセットと見なすことができます。
この状態をファームウェアが故障と判断し、関連する保護措置を講じることができる。


【まとめ】
OTPとUSER_IDの書き込みフィールドを活用し、MOTIX™ 6EDL7141はリセットや予期せぬパワーダウンに適切に対処することができます。
OTPは一度しかプログラムできないので、OTP設定前に最終的なパラメータとして固定化できることを十分に確認することを推奨します。

以上

0 Likes
IFX_Publisher2
Community Manager
Community Manager
Community Manager
10 likes received 500 replies posted 100 sign-ins

Hi,  Kazunari Hayashi san,

Confirmed to receive this KBA.

Thank you for your contribution.

Thanks,
Bindu

0 Likes