Tip / Sign in to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

cross mob
keni_4440091
Level 7
Level 7
500 replies posted 100 solutions authored 50 solutions authored

Dear Supporter

I want to translate the following KBA. Please confirm to my work.

OPTIGA™ Trust M: Interfacing OPTIGA™ Trust M with a PSoC™ 6 device – KBA235405

Regards,

Nino

0 Likes
1 Solution

Dear Bindu

The following shows the translation version of the targeted KBA.

Please confirm and double check.

Regards,

Nino

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

OPTIGA™ Trust M: OPTIGA™ Trust M とPSoC™ 6デバイスのインターフェース – KBA235405

 

Version: **

図1に示すようにセキュリティの追加のレイヤーを使用しシールドされたI2Cインターフェース経由で、ホストコントローラーPSoC™ 6Shield2Go Security OPTIGA™ Trust Mに接続します。

 

 

keni_4440091_5-1655959022028.png

1 Figure 1   Shield2Go Security OPTIGA™ Trust M PSoC™ 6 MCU の間のI2C接続

 

ハードウェア:

 

  • 任意のPSoC™ 6デバイス
  • Shield2Go Security OPTIGA™ Trust M

 

ソフトウェア:

 

 

PSoC™ 62S2評価キット、CY8CEVAL-062S2 またはCY8CEVAL-062S2-LAI-4373MとOPTIGA™ Trust Mをインターフェースするために、以下を実行してください:

  • ModusToolbox™ ソフトウェアを起動します。
  • Eclipse IDEで、Quick PanelからNew Applicationをクリックします。
  • 作業を実施するBoard Support Package (BSP)を選択します。アプリケーションを生成するためにGetting Started with ModusToolbox™を参照してください。
  • 図2に示すように、周辺機器ドロップダウンをクリックし、OPTIGA™暗号化テンプレートアプリケーションを選択して、作成をクリックします。
 

keni_4440091_6-1655959057843.png

2  OPTIGA™暗号化テンプレートアプリケーションの選択

 

  • アプリケーションが正常にインポートされた後、OPTIGA_Cryptographyアプリケーションをビルドおよびプログラムし、有効な例をテストします。
  • Tera Termの出力が表示されると、ホストMCUをプログラムするためにOPTIGA™: Cryptographyの手順に従ってください。

 

ModusToolbox™ソフトウェアのOPTIGA_Cryptographyコード例は、OPTIGA™ Trust Mキットパッケージに無いPSoC™ 6 MCUはサポートしません。コード例は、GitHubリンクからクローン作成することができます。

 

アプリケーションをインポートするには、以下を実施します:

 

  1. New Applicationを開いて、作業を実施したい関連するBSPを選択します。例えば、CY8CPROTO-062-4343W
  2. Import をクリックし、クローン生成した例のフォルダを選択します。
  3. Custom セクションからインポートしたコード例を選択し、3に示すようにCreateをクリックします。

 

 

keni_4440091_7-1655959210503.png

3 コード例の選択

 

4.サポートされているhalライブラリのバージョンをLibrary Manager > libraries > mtb-hal-cat1 (version: 1.6.0 release) に移動し1.6.0に変更し、Updateをクリックします。

5.図4に示すようにApplication Root Path > <mtb-example-optiga-crypto> > libs > mtb.mk ファイルに移動し、OPTIGA™ Trust Mライブラリを追加します。

 

  • 共有されたライブラリの#リストの下にSEARCH_optiga-trust-m=../mtb_shared/optiga-trust-m/release-v3.1.2を追加します。
  • ビルドするために追加した#共有ライブラリの下にSEARCH+=$(SEARCH_optiga-trust-m)を追加します。
 

keni_4440091_8-1655959384233.png

4  OPTIGA™ Trust M ライブラリの追加

 

6.図5に示すように、MCUデータシートに従いソースフォルダのoptiga_lib_config_mtb.h ファイルを修正し、正しいI2Cピンの詳細(CYBSP_I2C_SCL およびCYBSP_I2C_SDA)を提供します。

 

keni_4440091_9-1655959451638.png

5  optiga_lib_config_mtb の修正

  • 上記変更を組み入れた後、アプリケーションをビルドします。
  • OPTIGA™: Cryptographyで述べた手順に従って、ホストMCUにプログラムします。

 

注: mtb.mk ファイルの変更を置き換えるために、ライブラリマネジャーを動作させるか、またはgetlibsをメイクしライブラリを更新します。

 

Labels    OPTIGA™ Trust M

Add tags

View solution in original post

0 Likes
3 Replies
IFX_Publisher2
Employee
Employee
25 likes received 1000 replies posted First like given

Hi Nino san

Confirm to work on this KBA.

Thanks,
Bindu

0 Likes

Dear Bindu

The following shows the translation version of the targeted KBA.

Please confirm and double check.

Regards,

Nino

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

OPTIGA™ Trust M: OPTIGA™ Trust M とPSoC™ 6デバイスのインターフェース – KBA235405

 

Version: **

図1に示すようにセキュリティの追加のレイヤーを使用しシールドされたI2Cインターフェース経由で、ホストコントローラーPSoC™ 6Shield2Go Security OPTIGA™ Trust Mに接続します。

 

 

keni_4440091_5-1655959022028.png

1 Figure 1   Shield2Go Security OPTIGA™ Trust M PSoC™ 6 MCU の間のI2C接続

 

ハードウェア:

 

  • 任意のPSoC™ 6デバイス
  • Shield2Go Security OPTIGA™ Trust M

 

ソフトウェア:

 

 

PSoC™ 62S2評価キット、CY8CEVAL-062S2 またはCY8CEVAL-062S2-LAI-4373MとOPTIGA™ Trust Mをインターフェースするために、以下を実行してください:

  • ModusToolbox™ ソフトウェアを起動します。
  • Eclipse IDEで、Quick PanelからNew Applicationをクリックします。
  • 作業を実施するBoard Support Package (BSP)を選択します。アプリケーションを生成するためにGetting Started with ModusToolbox™を参照してください。
  • 図2に示すように、周辺機器ドロップダウンをクリックし、OPTIGA™暗号化テンプレートアプリケーションを選択して、作成をクリックします。
 

keni_4440091_6-1655959057843.png

2  OPTIGA™暗号化テンプレートアプリケーションの選択

 

  • アプリケーションが正常にインポートされた後、OPTIGA_Cryptographyアプリケーションをビルドおよびプログラムし、有効な例をテストします。
  • Tera Termの出力が表示されると、ホストMCUをプログラムするためにOPTIGA™: Cryptographyの手順に従ってください。

 

ModusToolbox™ソフトウェアのOPTIGA_Cryptographyコード例は、OPTIGA™ Trust Mキットパッケージに無いPSoC™ 6 MCUはサポートしません。コード例は、GitHubリンクからクローン作成することができます。

 

アプリケーションをインポートするには、以下を実施します:

 

  1. New Applicationを開いて、作業を実施したい関連するBSPを選択します。例えば、CY8CPROTO-062-4343W
  2. Import をクリックし、クローン生成した例のフォルダを選択します。
  3. Custom セクションからインポートしたコード例を選択し、3に示すようにCreateをクリックします。

 

 

keni_4440091_7-1655959210503.png

3 コード例の選択

 

4.サポートされているhalライブラリのバージョンをLibrary Manager > libraries > mtb-hal-cat1 (version: 1.6.0 release) に移動し1.6.0に変更し、Updateをクリックします。

5.図4に示すようにApplication Root Path > <mtb-example-optiga-crypto> > libs > mtb.mk ファイルに移動し、OPTIGA™ Trust Mライブラリを追加します。

 

  • 共有されたライブラリの#リストの下にSEARCH_optiga-trust-m=../mtb_shared/optiga-trust-m/release-v3.1.2を追加します。
  • ビルドするために追加した#共有ライブラリの下にSEARCH+=$(SEARCH_optiga-trust-m)を追加します。
 

keni_4440091_8-1655959384233.png

4  OPTIGA™ Trust M ライブラリの追加

 

6.図5に示すように、MCUデータシートに従いソースフォルダのoptiga_lib_config_mtb.h ファイルを修正し、正しいI2Cピンの詳細(CYBSP_I2C_SCL およびCYBSP_I2C_SDA)を提供します。

 

keni_4440091_9-1655959451638.png

5  optiga_lib_config_mtb の修正

  • 上記変更を組み入れた後、アプリケーションをビルドします。
  • OPTIGA™: Cryptographyで述べた手順に従って、ホストMCUにプログラムします。

 

注: mtb.mk ファイルの変更を置き換えるために、ライブラリマネジャーを動作させるか、またはgetlibsをメイクしライブラリを更新します。

 

Labels    OPTIGA™ Trust M

Add tags

0 Likes
IFX_Publisher2
Employee
Employee
25 likes received 1000 replies posted First like given

Hi Nino san

Confirm to receive this KBA.

Thank you for your contribution.

Thanks,
Bindu.

0 Likes