Tip / Sign in to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

Community Translations - FM0+/FM3/FM4: Bit-banding access to individual bits (KA-03423)

TeMa_2997106
Level 6
10 likes received 10 solutions authored 250 replies posted
Level 6

Hello.

I would like to translate the following KBA into Japanese.

https://community.infineon.com/t5/Knowledge-Base-Articles/FM0-FM3-FM4-Bit-banding-access-to-individu...

If you give permission, I will do the work.

Thanks,

Tetsuo

0 Likes
1 Solution
MaMi_1205306
Level 6
50 solutions authored 25 likes received 250 sign-ins
Level 6

Bindo-san,

 

I translated KA-03423 into Japanese.

We would appreciate it if you could confirm.

 

Regards,

Masashi

/***************************************************************************/

 

FM0+/FM3/FM4 : 個々のビットへのビットバンディングアクセス (KA-03423)

 

フラッシュメモリ内のファームウェアをアップグレードする場合、新しいファームウェアをフラッシュに再書き込みする前に、フラッシュメモリを1回消去する必要があります。 Flash Erase(All Sector Batch Erase)コマンドを使用して、フラッシュ内のすべてのセクターを消去できます。
しかしながら、CRトリミングデータは、すべてのFM0 +、およびFM3、FM4ファミリマイクロコントローラのフラッシュメモリに保存されます。そのため、フラッシュ消去コマンドでフラッシュメモリ全体を消去すると、CRトリミングデータも消去されます。

CRトリミングデータは、デバイスに応じて異なるアドレスに配置されます。 CRトリミングデータの位置を確認するには、フラッシュプログラミングマニュアルと各デバイスのデータシートを参照してください。詳細はこちら

ビットバンドエイリアスアドレスはワードアラインされており、任意のアクセスサイズでアクセスできます。ただし、ターゲットレジスタでサポートされている最小アクセスサイズの使用をお勧めします。各ペリフェラルレジスタの利用可能なアクセスサイズは、FM0 +、またはFM3、FM4マイクロコントローラのテクニカルリファレンスマニュアルの「付録–レジスタマップ」セクションにあります。
ビットバンドエイリアスアドレスにアクセスするための読み取り、または書き込み命令が発行されると、リード/ライト命令で指定されたアクセスサイズで、ターゲットペリフェラルレジスタに対して(リード命令の場合の)リード操作または(ライト命令の場合の)リードモディファイライト操作が暗黙的に実行されます。

ほとんどのペリフェラルレジスタでは、アクセスサイズは重要ではありません。ただし、考慮すべきいくつかのケースを知る必要があります。

ターゲットレジスタのサイズと、ターゲットレジスタを含む32ビットワードラインに他のレジスタがあるかどうかを確認してください。詳細はこちら

View solution in original post

0 Likes
3 Replies
BinduPriya_G
Community Manager
Community Manager 250 replies posted First like received 50 sign-ins
Community Manager

Hi Tetsuo san,

Confirm to work on this KBA.

Thanks,
Bindu

0 Likes
MaMi_1205306
Level 6
50 solutions authored 25 likes received 250 sign-ins
Level 6

Bindo-san,

 

I translated KA-03423 into Japanese.

We would appreciate it if you could confirm.

 

Regards,

Masashi

/***************************************************************************/

 

FM0+/FM3/FM4 : 個々のビットへのビットバンディングアクセス (KA-03423)

 

フラッシュメモリ内のファームウェアをアップグレードする場合、新しいファームウェアをフラッシュに再書き込みする前に、フラッシュメモリを1回消去する必要があります。 Flash Erase(All Sector Batch Erase)コマンドを使用して、フラッシュ内のすべてのセクターを消去できます。
しかしながら、CRトリミングデータは、すべてのFM0 +、およびFM3、FM4ファミリマイクロコントローラのフラッシュメモリに保存されます。そのため、フラッシュ消去コマンドでフラッシュメモリ全体を消去すると、CRトリミングデータも消去されます。

CRトリミングデータは、デバイスに応じて異なるアドレスに配置されます。 CRトリミングデータの位置を確認するには、フラッシュプログラミングマニュアルと各デバイスのデータシートを参照してください。詳細はこちら

ビットバンドエイリアスアドレスはワードアラインされており、任意のアクセスサイズでアクセスできます。ただし、ターゲットレジスタでサポートされている最小アクセスサイズの使用をお勧めします。各ペリフェラルレジスタの利用可能なアクセスサイズは、FM0 +、またはFM3、FM4マイクロコントローラのテクニカルリファレンスマニュアルの「付録–レジスタマップ」セクションにあります。
ビットバンドエイリアスアドレスにアクセスするための読み取り、または書き込み命令が発行されると、リード/ライト命令で指定されたアクセスサイズで、ターゲットペリフェラルレジスタに対して(リード命令の場合の)リード操作または(ライト命令の場合の)リードモディファイライト操作が暗黙的に実行されます。

ほとんどのペリフェラルレジスタでは、アクセスサイズは重要ではありません。ただし、考慮すべきいくつかのケースを知る必要があります。

ターゲットレジスタのサイズと、ターゲットレジスタを含む32ビットワードラインに他のレジスタがあるかどうかを確認してください。詳細はこちら

0 Likes
BinduPriya_G
Community Manager
Community Manager 250 replies posted First like received 50 sign-ins
Community Manager

Hi Tetsuo san,

Confirmed to receive this KBA.

Thank you for your contribution.

Thanks,
Bindu

0 Likes