Tip / Sign in to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

Community Translations

keni_4440091
Level 7
500 replies posted 100 solutions authored 50 solutions authored
Level 7

Dear Supporter

I want to translate the following KBA. Please confirm to my work.

AURIX™ MCU: Configure memory protection register sets in the CPU – KBA235224

Regards,

Nino

0 Likes
1 Solution
keni_4440091
Level 7
500 replies posted 100 solutions authored 50 solutions authored
Level 7

Dear Bindu

The following shows the translation version of the targeted KBA.

Please confirm and double check.

Regards,

Nino

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

AURIX™ MCU: CPU内のメモリ保護レジスタセットを構成する – KBA235224

 

Version: **

 

各CPUでは、ユーザーはそれぞれのメモリ保護レジスタセットを構成でき、コードやデータのメモリ範囲、および許可を指定できます。

 

  • AURIX™ TC2xxでは、TC 1.6P/E実装は、8つのコード範囲および16のデータ範囲を持つ4つのレジスタセットがあります。
  • AURIX™ TC3xxでは、TC 1.6P/E実装は、10のコード範囲および18のデータ範囲を持つ6つのレジスタセットがあります。

 

これらの手順に従ってメモリ保護レジスタセットを構成してください:

 

  1. 範囲を構成する

 

DPR_L=範囲0の下限アドレス

DPR0_U=範囲0の上限アドレス

DPR_L=範囲15の下限アドレス

DPR0_U=範囲15の上限アドレス

 

  1. セット構成レジスタDPRE_x およびDPWE_x を構成し、対応するビット「n」を構成して、データ保護範囲へのリード/ライトアクセスを許可または禁止します。同様に、コード範囲用にこれを構成できます。
  2. SYSCON.PROTENを介してメモリ保護を有効にします。

注: 保護レジスタセットの初期化は、PROTEN設定前に実行する必要があります。

 

CPUプログラムステータスワードレジスタのPSW.PRSビットフィールドは、現在の保護レジスタセット番号を決定します。

 

詳細は、TriCore™ TC1.6.2コアアーキテクチャマニュアル(Volume 1)の「メモリ保護システム」の章を参照してください。

注:

 

このKBAはAURIX™ MCUの以下のシリーズに適用されます:

 

  • AURIX™ TC2xx series
  • AURIX™ TC3xx series

 

Labels    AURIX KBA

Tags:  cpu  security  Add tags

View solution in original post

0 Likes
3 Replies
BinduPriya_G
Community Manager
Community Manager 50 sign-ins First solution authored 100 replies posted
Community Manager

Hi Nino san

Confirm to work on this KBA.

Thanks,
Bindu.

0 Likes
keni_4440091
Level 7
500 replies posted 100 solutions authored 50 solutions authored
Level 7

Dear Bindu

The following shows the translation version of the targeted KBA.

Please confirm and double check.

Regards,

Nino

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

AURIX™ MCU: CPU内のメモリ保護レジスタセットを構成する – KBA235224

 

Version: **

 

各CPUでは、ユーザーはそれぞれのメモリ保護レジスタセットを構成でき、コードやデータのメモリ範囲、および許可を指定できます。

 

  • AURIX™ TC2xxでは、TC 1.6P/E実装は、8つのコード範囲および16のデータ範囲を持つ4つのレジスタセットがあります。
  • AURIX™ TC3xxでは、TC 1.6P/E実装は、10のコード範囲および18のデータ範囲を持つ6つのレジスタセットがあります。

 

これらの手順に従ってメモリ保護レジスタセットを構成してください:

 

  1. 範囲を構成する

 

DPR_L=範囲0の下限アドレス

DPR0_U=範囲0の上限アドレス

DPR_L=範囲15の下限アドレス

DPR0_U=範囲15の上限アドレス

 

  1. セット構成レジスタDPRE_x およびDPWE_x を構成し、対応するビット「n」を構成して、データ保護範囲へのリード/ライトアクセスを許可または禁止します。同様に、コード範囲用にこれを構成できます。
  2. SYSCON.PROTENを介してメモリ保護を有効にします。

注: 保護レジスタセットの初期化は、PROTEN設定前に実行する必要があります。

 

CPUプログラムステータスワードレジスタのPSW.PRSビットフィールドは、現在の保護レジスタセット番号を決定します。

 

詳細は、TriCore™ TC1.6.2コアアーキテクチャマニュアル(Volume 1)の「メモリ保護システム」の章を参照してください。

注:

 

このKBAはAURIX™ MCUの以下のシリーズに適用されます:

 

  • AURIX™ TC2xx series
  • AURIX™ TC3xx series

 

Labels    AURIX KBA

Tags:  cpu  security  Add tags

0 Likes
MohammedA_41
Community Manager
Community Manager 250 replies posted First like received First like given
Community Manager

Hi Nino san

Confirm to receive this KBA.

Thank you for your contribution.

Thanks,
Mohammed.

0 Likes