Tip / Sign in to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

Community Translation - PLL Clock Jitter Impact on CAN Precision in Auto MCU – KBA222406

keni_4440091
Level 7
Level 7
500 replies posted 100 solutions authored 50 solutions authored

Hi

I want to translate KBA222406, please confirm to my work.

Regards,

Nino

0 Likes
3 Replies
JennaJo
Moderator
Moderator
Moderator
1000 replies posted 750 replies posted 500 replies posted

Hi, Nino-san

Confirm to work to this KBA.

Thanks

Jenna

Jenna Jo
0 Likes

タイトル:車載MCUCAN精度上でPLLクロックジッタの影響

バージョン 11

chaitanyav_41 2017/12/17 23:35 に作成。chaitanyav_41 2018/10/10 2:20 に変更。

Version: **

質問:

PLLクロックをCANペリフェラルに使用している場合、PLLクロックジッタがCAN精度仕様を満たしているかをどのようにして確認しますか?

回答:

CAN精度でPLLジッタの影響を評価するために下記の式を使用して下さい:

dfjitter = tjitter / (10×NBT),

ここで、tjitterは絶対間隔として特定されたPLLクロックジッタ(製品データシートに記載されているCAN PLLジッタ)で、NBTはノーマルビット時間(特定CANビットレートの逆数)です。dfjitterの結果は同等のドリフトで、水晶か共振器の発振ドリフト値に追加する必要があります:

dftotal = dfjitter + dfoscillator.

下記はS6J3120PLLクロックがCAN精度仕様を満たしているかどうかを確認する例です。

:

CAN bus bit rate = 500 kbps,

CAN PLL Jitter = ±10ns  (S6J3120シリーズデータシートのAC特性からのtPJ),

外部推奨の発振ドリフト  dfoscillator = ±0.01% (一般的に推奨供給元から提供),

許容CANノード周波数公差   df   = ±0.3%.

相対PLLジッタ間隔±10 nsは絶対間隔tjitter = 20nsになります。500kbpsのビットレートではNBT = (1/500 kbps) = 2 µsになります。

dfjitter= 20ns / 10×2us = ±0.1%,

dftotal = 0.1% + 0.01% = ±0.11% < df  = ±0.3%,

従って、S6J3120CAN PLLジッタ仕様はCAN仕様を満足します。

583 閲覧 カテゴリ: MCU & PSoC: Auto MCU タグ: can, traveo, fr81s, pll jitter, drift, mb96600

0 Likes
JennaJo
Moderator
Moderator
Moderator
1000 replies posted 750 replies posted 500 replies posted

Hi,Nino-san

Confirm to work to this KBA.

Thanks

Jenna

Jenna Jo
0 Likes