Tip / Sign in to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

Community Translation - AURIX™/TRAVEO™ T2G/PSoC™: Comparison of FFT processing capabilities for 60 GHz ICMS – KBA236512

1 Solution

Hi Bindu-san,

Thank you for your confirmation.
I have translated KBA236512 to Japanese.

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Original KBA: KBA236512


AURIX™/TRAVEO™ T2G/PSoC™: 60 GHz ICMS の FFT 処理機能の比較 – KBA236512

ヴァージョン: **

AURIX™ TC3xx、TRAVEO™ T2G、および PSoC™ 4 マイクロコントローラー (MCU) は、通常、60 GHz の車内監視システム (ICMS) アプリケーション向けに提案されています。 それらには異なるアーキテクチャがあります。 一部の AURIX™ TC3x で利用可能な専用のデジタル信号処理 (DSP) モジュールまたは信号処理ユニット (SPU) などの高速フーリエ変換 (FFT) アクセラレータをすべてが備えているわけではありません。

したがって、共通の比較ポイントは、これらのマイクロコントローラのコアの FFT 処理能力にあります。 MCU が TriCore™ か Arm® Cortex®-M4F かによって、さまざまな DSP ライブラリがこれらの計算をサポートします。 TriCore™ TC1.6.2P ベースの MCU (AURIX™ TC3x) 用の DSPlib と、Arm® Cortex®-M4F ベースの MCU (TRAVEO™ T2G) 用の CMSIS DSP ライブラリは、さまざまな機能を最適化します。 表 1 を参照してください。

車載認定の PSoC™ 4 には、DSP ライブラリ サポートがありません。 CMSIS DSP ライブラリは、Arm® Cortex®-M4 用の PSoC™ 6 をサポートしていますが、これは産業用 MCU であり、自動車用 MCU ではないことに注意してください。

表 2 に示すように、実数 FFT (RFFT) や複素数 FFT (CFFT) などの FFT 機能を実行するための処理時間の比較を評価します。

表 1 Infineon マイクロコントローラのコア アーキテクチャと対応する DSP ライブラリ

YaNi_3193241_0-1671675782721.png

 

表 2 デジタル信号処理 (DSP) 機能の比較 - FFT 計算の処理時間

YaNi_3193241_1-1671675871325.png


1. Thomas Lorenser: Arm® Cortex® -M4 および Cortex®-M7 プロセッサの DSP 機能セットとベンチマーク、2016 年。
2. TriCore™ TC1.6.2P @ 300 MHz でのクロック サイクル測定からの DSPlib 0v9 インジケータ値。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Thanks,
Nishikawa

View solution in original post

0 Likes
3 Replies
IFX_Publisher2
Community Manager
Community Manager
Community Manager
500 replies posted 100 sign-ins First comment on blog

Hi Nishikawa san,

Confirm to work on this KBA.

Thanks,
Bindu

0 Likes

Hi Bindu-san,

Thank you for your confirmation.
I have translated KBA236512 to Japanese.

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Original KBA: KBA236512


AURIX™/TRAVEO™ T2G/PSoC™: 60 GHz ICMS の FFT 処理機能の比較 – KBA236512

ヴァージョン: **

AURIX™ TC3xx、TRAVEO™ T2G、および PSoC™ 4 マイクロコントローラー (MCU) は、通常、60 GHz の車内監視システム (ICMS) アプリケーション向けに提案されています。 それらには異なるアーキテクチャがあります。 一部の AURIX™ TC3x で利用可能な専用のデジタル信号処理 (DSP) モジュールまたは信号処理ユニット (SPU) などの高速フーリエ変換 (FFT) アクセラレータをすべてが備えているわけではありません。

したがって、共通の比較ポイントは、これらのマイクロコントローラのコアの FFT 処理能力にあります。 MCU が TriCore™ か Arm® Cortex®-M4F かによって、さまざまな DSP ライブラリがこれらの計算をサポートします。 TriCore™ TC1.6.2P ベースの MCU (AURIX™ TC3x) 用の DSPlib と、Arm® Cortex®-M4F ベースの MCU (TRAVEO™ T2G) 用の CMSIS DSP ライブラリは、さまざまな機能を最適化します。 表 1 を参照してください。

車載認定の PSoC™ 4 には、DSP ライブラリ サポートがありません。 CMSIS DSP ライブラリは、Arm® Cortex®-M4 用の PSoC™ 6 をサポートしていますが、これは産業用 MCU であり、自動車用 MCU ではないことに注意してください。

表 2 に示すように、実数 FFT (RFFT) や複素数 FFT (CFFT) などの FFT 機能を実行するための処理時間の比較を評価します。

表 1 Infineon マイクロコントローラのコア アーキテクチャと対応する DSP ライブラリ

YaNi_3193241_0-1671675782721.png

 

表 2 デジタル信号処理 (DSP) 機能の比較 - FFT 計算の処理時間

YaNi_3193241_1-1671675871325.png


1. Thomas Lorenser: Arm® Cortex® -M4 および Cortex®-M7 プロセッサの DSP 機能セットとベンチマーク、2016 年。
2. TriCore™ TC1.6.2P @ 300 MHz でのクロック サイクル測定からの DSPlib 0v9 インジケータ値。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Thanks,
Nishikawa

0 Likes
IFX_Publisher2
Community Manager
Community Manager
Community Manager
500 replies posted 100 sign-ins First comment on blog

Hi, Nishikawa san,

Confirmed to receive this KBA.

Thank you for your contribution.

Thanks,
Bindu

0 Likes