Tip / ログイン to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

cross mob

AURIX™ フォーラムのディスカッション

Translation_Bot
AURIX™
DFLASHアドレスAF00A018からデータを読み出したいのですが、トラップCLASS4 tin2(バスエラー)に入ります。 これは私のコードの一部です、   /****コード開始****/ uint8 * Schedule_ptr; 揮発性uint8 Schedule_Data; uint32 ... Show More
Translation_Bot
AURIX™
みなさん。TriBoard TC3x9評価ボードにAURIX TC39を実装して使用しています。 マイクロコントローラを外部入力クロックモードで使用し、入力クロックとして0-5Vの振幅で8MHzの周波数信号を取得しようとしています。 私の目標は、SYSPLL コンフィギュレーションで 300MHz ... Show More
Translation_Bot
AURIX™
こんにちは。配線時のノイズについて質問があります。 現在、外部ADCから出力されているデータは、ピンP00.00〜P00.11に入力されます。 P00.00〜P00.11ピンはすべて入力プルダウンモードに設定され、ジャンパー線に接続されています。 このように構成してADCから出力されるデータをオシロ... Show More
Translation_Bot
AURIX™
こんにちは TC3xx に CANFD(2Mbit/s) クロックソースを選択する際、PLL ジッタが CAN バスの仕様を十分に下回っていないのではないかと心配しています。 リスクの評価方法を教えてください。 Show More
Translation_Bot
AURIX™
你好英飞凌, 我使用的是hightec编译器,我发现MCS不能跨文件调用函数,是这样吗? 谢谢! Show More
Translation_Bot
AURIX™
親愛なるサポーター   私は、以下のKBAを翻訳したい、私の仕事に確認してください。   DS パラメータに基づいてシュートスルー効果を防止するために EVRC モジュールの MOSFET を選択する (infineon.com)   よろしくお願いいたします。   YuSu_3285495 Show More
Translation_Bot
AURIX™
ディアーズ: [DAS] ページで、 https://www.infineon.com/cms/en/product/promopages/das/ 8.0.5と7.1.8しか表示されませんが、 しかし、私のTASKING TriCore v6.3r1p8は7.2.0しかサポートしていないと言いまし... Show More
Translation_Bot
AURIX™
AURIX TC397 開発ボードを使用しており、Tricore ドメインから実行時に SWAP UCB をプログラムできましたが、HSM ドメインからはプログラムできませんでした。 ファームウェアのアップデート後にバンクをスワップできるようにするために、この機能が必要です。 私が気づいていない制限... Show More
Translation_Bot
AURIX™
使用swap分区时,A区的范围是0x80000000-0x802FFFFF,B区是0x80300000-0x805FFFFF,如果使用同一个链接文件,编译的地址是在0x80000000-0x802FFFFF范围,那么当我激活B区的时候,比如B区是call 0x80100000,此时是会跳到A区还是说... Show More
Translation_Bot
AURIX™
ADCグループの初期化機能では、設定されたサンプル時間を設定するために必要な追加サイクルを計算するために「fadc」が使用されていますが、代わりに「fadci」を使用する必要があると思います。 ファイル IfxEvadc_Adc.c の 544 行目 'FADC' アナログ周波数を取得します。 an... Show More
掲示板情報

AURIX™

こちらのフォーラムでは、32ビットAURIX™ TriCore™マイクロコントローラーに関する質問、コメント、フィードバックを投稿できます。AURIX™はアプリケーションを問わず、性能、メモリ、ペリフェラルにおいて最高のスケーラビリティを提供します。また、ISOの機能安全規格とEVITAの完全セキュリティ規格の両方を満たす、安全で安心なコンパニオンチップです。こちらのページでは、最新のボードページ、ソフトウェアとツールのGitHub、トレーニング、ドキュメント、FAQへのリンクも掲載しています。