Tip / ログイン to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

cross mob
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager
100 likes received

皆さん、こんにちは。

 

SCR のデバッグに問題があります。

これは、SCRデバッグの問題とまったく同じです - Infineon Developer Community

 

開発用に独自のSCRコードを作成し、SCRCFG 0x0でAURIXにフラッシュしました。

SCRCFG 0x0を0x1に変更したところ、すべてが良好でした。

SCRは私が望んでいたことを機能させました。

 

しかし、SCRCFG 0xAを変更してからSCRを開始すると、突然SCRの開始アドレスが「_Exit」に配置されました。

したがって、SCR を実行する場合は、アドレスを 0x0 に変更する必要があります。

 

SCRCFG を使用して SCR を実行し、開始アドレスを変更せずに 0x0 で開始アドレスを0xAするにはどうすればよいですか。

お教え下さい。

 

smartconx_target@Q!w2e3r4t5y6u7i8o9p0||/t5/AURIX/SCR-Debugging-Problem-with-SCRCFG-0xA/td-p/741141

0 件の賞賛
3 返答(返信)
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager
100 likes received

あなたのステップは私には合理的に見えますが、あなたがPMS_PMSWCR4をどのように変えるかはわかりません。SCRCFG=0xA またはデバッガでの SCR の起動。

Trace32 を使用する場合、2 つのウィンドウ (1 つは TriCore 用、もう 1 つは SCR 用) を開くように開始を設定しました。 TriCore側のコードは、PMS_PMSWCR4.SCRCFG=0x0のときにコードをロードし、PMS_PMSWCR4.SCRCFG=0x1に変更します。 これで、SCR のコードが実行されました。 SoC 接続を使用した SCR のデバッグを許可するように変更するには (つまり、 同じ DAP インターフェイスと DEBUGPORTTYPE=DAP2)。

TriCoreが停止している間に、コマンドラインを使用します
につき。Set.Field D:0xF02480C4 %Long 0xFF0000 0x0A

次に、SCR のスクリプトを実行します

;初期化する
  SYStem.Cpu TC3X_SCR
  SYStem.CONFIG コア 2.1.
  SYStem.CONFIG タップステータス 12.
  SYStem.Up[英語]
  setup.tabsize 2 (セットアップ タブ サイズ 2)
  data.load.elf 8051_Tasking\BasicSCR_scr.elf
  R.S PC 0x0

 

cwunder_0-1713621283316.png

 

cwunder_1-1713621283331.png

 

 

smartconx_target@Q!w2e3r4t5y6u7i8o9p0||/t5/AURIX/SCR-Debugging-Problem-with-SCRCFG-0xA/m-p/743455

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager
100 likes received

こんにちは@cwunder 

お返事ありがとうございます。

 

おかげさまで、SCRCFG 0xAでSCRをデバッグするときに、SCR PCを0x0000に変更できます。

 

しかし、SCRCFGはどうですか0x2。

 

次に、AURIXがオフのときにSCRをデバッグする必要があります。

そのため、AURIXがオフになる前にSCRCFGを0x2するように設定する必要があります。

次に、TRACE32 DAP ポートを TC387 Triboard の SCRDAP に接続します。

その時、私はTRACE32 SCRに接続できませんでした。

このPCも0x0されていないからです。

この場合、この SCR PC アドレスを 0x0 に変更するにはどうすればよいですか。

ありがとうございました。

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager
100 likes received

あなたが直面している問題がよくわかりません。

AURIXとSCRのプログラムを作成しました。 AURIXはプログラムでSCRをロードし、SCRのSCRデバッグピンを有効にします(P33のP33.6/7。PCSR)です。 SCR プログラムを起動し、PMS_PMSWCR4を変更します。イ.SCRCFG = 2 です。 次に、AURIXをスタンバイモードにします。SCR の T32 を起動し、次のスクリプトを実行します (Lauterbach の例を変更しました)。

;--------------------------------------------------------------------------------
;@Title:TC3xx用SCR 8ビットスタンバイコントローラ(XC800)の例
;XC800はSCR DAP/SPDインターフェースを介してデバッグ
;SCU_PMSWCR4.SCRCFG=0x2 SCR DAP0_0(P33.6)およびDAP1_0(P33.7)を使用したデバッグモード
;tc3xx スタンバイ コントローラの起動スクリプト
;「プライベート DAP」設定の SCR 部分
;プライベートDAP 0x0用のIOCLIENT
;--------------------------------------------------------------------------------
;デバッガの初期化
SYStem.Down (英語)
SYStem.CPU TC3X_SCR
10.ms 待つ
印刷 "DEBUGPORTTYPE = DAP"
SYStem.CONFIG.DEBUGPORTTYPE DAP2 (英語)
SYStem.CONFIG.DAP.DAPENable ターゲット
SYStem.CONFIG.CORE 1 です。2.
SYStem.JtagClock 1MHz ;100kHz(長いケーブルを使用したPowerProbeのセットアップ用)
;--------------------------------------------------------------------------------
;デバッガを起動する
SYStem.Mode アップ
PRINT "SYStem.Up" (印刷 "SYStem.Up")
Mode.Hll (モード エ ヘル)
Register.Set (登録.セット) PC 0

または、PC を 0 に設定する代わりに、ELF を再度ロードすると、ELF ファイルはリセット ベクタから _start 関数を配置します。

 

cwunder_0-1716577338834.png

 

 

0 件の賞賛