Tip / ログイン to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

cross mob
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちはチーム、

Aurix TC39xBをベースにしたカスタムボードを作成し、GETH RGMIIデータが供給されるMicrochipイーサネットスイッチKSZ9897を使用しています。 私たちはそれを機能させることができませんでした。

PHYチップをAURIXと統合するためのガイドラインはありますか?

GETHコードを観察すると、PHYチップを初期化する前に、GETHはMDIOを介してPHYチップをリセットしようとしています。 なぜそれが必要なのですか?

これは、すべてのPHYチップ統合の標準的な手順ですか? それとも、RTL8211Fだけの対象ですか?

助けは大歓迎です。

よろしく

サマド。

 

smartconx_target@Q!w2e3r4t5y6u7i8o9p0||/t5/AURIX/PHY-chip-integration-with-AURIX-TC397x/td-p/630483

0 件の賞賛
2 返答(返信)
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは@Samad

 

そのため、特定のガイドラインはありません。 GitHubで入手可能な既存のコード例を適応させることができるかどうか、またはそこでも問題に直面しているかどうか教えてください。

 

よろしくお願いいたします
アヌパマ。

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは@Anupama 
ご回答ありがとうございます。 既存のコードでは、問題に直面していません。 しかし、私たちの場合、イーサネットスイッチを使用しておりKSZ9897 GETHの基準クロックは外部発振器によって与えられます。 RGMIIデータをGETHからKSZ9897 Port6に送信する必要があります。 上記のコードに従って、RGMIIデータを取得するようにGETHを構成しています。 しかし、GETHモジュールからRGMIIデータを取得していませんか?

これについて何かアイデアはありますか?

よろしく

サマド。

 

 

0 件の賞賛