Tip / ログイン to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

cross mob
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

Distance2GoL XENSIV™ 24GHz低電力レーダーシールドBGT24LTR11を持っています

レーダーGUIでは、出力を取得し、それを.txtに変換しています 録音中のファイル。

しかし、シリアルポートから直接データを取得する方法。

代わりにレーダーGUIを使用せずにデータを取得しようとしていますが、シリアルポートから直接データが必要です

そして別の質問は次のとおりです。

このDistance2GoL XENSIV™ 24GHz低電力レーダーシールドBGT24LTR11をArduino IDEで使用できますか?

 

0 件の賞賛
1 解決策
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは@Akash1

レーダー GUI には、デバイス設定を保存し、ボードのリセット後にロードできる機能があります。 これを実現するには、Radar GUI の [Make Persistent] ボタンを使用します。 目的のデバイス設定を選択し、「Make Persistent」ボタンを使用して保存すると、レーダーベースボードEEPROMに保存され、リセット後に自動的にロードされます。

乾杯
モンタッサル。

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
4 返答(返信)
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは@Akash1

レーダーGUIなしでDEMO DISTANCE2GOLを利用して、レーダーセンサーから生データを取得できます。 これは、\Firmware_Software\Communication Library\ フォルダにある DEMO DISTANCE2GOL BGT24LTR11 FMCW DAVE™ Firmware Project から入手できる ComLib C インターフェイスまたは インターフェイスを使用して実行できます。MATLAB
ArduinoでDEMO SENSE2GOL PULSEのBGT24LTR11ドップラーシールドを使用するためのサポートが必要な場合は、この役立つ AN605をチェックできます。 この例は、参考にもなります。

乾杯
モンタッサル。

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

TQSMサー

cmakeファイルをコンパイルしようとしたとき、エラーが発生しましたが、それを手伝ってください

Microsoft Windows [Version 10.0.22621.2428]
(c) Microsoft Corporation. All rights reserved.

D:\IFX_D2GL-HW-SW_V1.0.0\Firmware_Software\Communication Library\ComLib_C_Interface\examples\D2GL_basics>cmake -G "MinGW Makefiles"
CMake Warning:
  No source or binary directory provided.  Both will be assumed to be the
  same as the current working directory, but note that this warning will
  become a fatal error in future CMake releases.


-- The C compiler identification is GNU 6.3.0
-- The CXX compiler identification is GNU 6.3.0
-- Detecting C compiler ABI info
-- Detecting C compiler ABI info - done
-- Check for working C compiler: C:/MinGW/bin/gcc.exe - skipped
-- Detecting C compile features
-- Detecting C compile features - done
-- Detecting CXX compiler ABI info
-- Detecting CXX compiler ABI info - done
-- Check for working CXX compiler: C:/MinGW/bin/c++.exe - skipped
-- Detecting CXX compile features
-- Detecting CXX compile features - done
-- Configuring done (6.1s)
-- Generating done (0.0s)
-- Build files have been written to: D:/IFX_D2GL-HW-SW_V1.0.0/Firmware_Software/Communication Library/ComLib_C_Interface/examples/D2GL_basics

D:\IFX_D2GL-HW-SW_V1.0.0\Firmware_Software\Communication Library\ComLib_C_Interface\examples\D2GL_basics>mingw32-make -f Makefile
[ 11%] Building C object CMakeFiles/d2gl_basics.dir/D_/IFX_D2GL-HW-SW_V1.0.0/Firmware_Software/Communication_Library/ComLib_C_Interface/src/COMPort_Unix.c.obj
[ 22%] Building C object CMakeFiles/d2gl_basics.dir/D_/IFX_D2GL-HW-SW_V1.0.0/Firmware_Software/Communication_Library/ComLib_C_Interface/src/COMPort_Windows.c.obj
D:\IFX_D2GL-HW-SW_V1.0.0\Firmware_Software\Communication Library\ComLib_C_Interface\src\COMPort_Windows.c: In function 'com_find':
D:\IFX_D2GL-HW-SW_V1.0.0\Firmware_Software\Communication Library\ComLib_C_Interface\src\COMPort_Windows.c:133:9: error: unknown type name 'DEVPROPTYPE'
         DEVPROPTYPE ulPropertyType;
         ^~~~~~~~~~~
D:\IFX_D2GL-HW-SW_V1.0.0\Firmware_Software\Communication Library\ComLib_C_Interface\src\COMPort_Windows.c:138:65: warning: passing argument 4 of 'SetupDiGetDeviceRegistryPropertyA' from incompatible pointer type [-Wincompatible-pointer-types]
                                               SPDRP_HARDWAREID, &ulPropertyType,
                                                                 ^
In file included from D:\IFX_D2GL-HW-SW_V1.0.0\Firmware_Software\Communication Library\ComLib_C_Interface\src\COMPort_Windows.c:38:0:
c:\mingw\include\setupapi.h:1142:25: note: expected 'PDWORD {aka long unsigned int *}' but argument is of type 'int *'
 WINSETUPAPI BOOL WINAPI SetupDiGetDeviceRegistryPropertyA(HDEVINFO,PSP_DEVINFO_DATA,DWORD,PDWORD,PBYTE,DWORD,PDWORD);
                         ^~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
D:\IFX_D2GL-HW-SW_V1.0.0\Firmware_Software\Communication Library\ComLib_C_Interface\src\COMPort_Windows.c:157:13: error: unknown type name 'LSTATUS'
             LSTATUS ret = RegQueryValueExA(hDeviceRegistryKey, "PortName",
             ^~~~~~~
CMakeFiles\d2gl_basics.dir\build.make:90: recipe for target 'CMakeFiles/d2gl_basics.dir/D_/IFX_D2GL-HW-SW_V1.0.0/Firmware_Software/Communication_Library/ComLib_C_Interface/src/COMPort_Windows.c.obj' failed
mingw32-make[2]: *** [CMakeFiles/d2gl_basics.dir/D_/IFX_D2GL-HW-SW_V1.0.0/Firmware_Software/Communication_Library/ComLib_C_Interface/src/COMPort_Windows.c.obj] Error 1
CMakeFiles\Makefile2:81: recipe for target 'CMakeFiles/d2gl_basics.dir/all' failed
mingw32-make[1]: *** [CMakeFiles/d2gl_basics.dir/all] Error 2
Makefile:89: recipe for target 'all' failed
mingw32-make: *** [all] Error 2
0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

そしてもう一つ、私が尋ねなければならないこと

レーダーGUIにはオプションがありますか、またはこれを行う方法はありますか:-

サンプルごとにチャープを調整すると、 など...。保存して適用し、ボードをリセットするまでデフォルトのようにできる設定はありますか

ボードをPCに接続し、Rader GUIを開かずに、COMポートを使用するような以下のコードのようなPythonコードを使用して、ターミナルなどで読み取り値やデータを確認できます

 

import serial

# Configure the serial port
ser = serial.Serial('COM1', 9600)  # Replace 'COM1' with your actual serial port and baud rate

# Open a text file for writing
output_file = open('radar_data.txt', 'w')

try:
    while True:
        # Read a line of data from the serial port
        line = ser.readline().decode('utf-8')
        
        try:
            # Convert the line to a floating-point number
            data = float(line.strip())
            
            # Save the data to the text file
            output_file.write(f"{data:.2f}\n")  # Format data to two decimal places
            output_file.flush()  # Ensure data is written immediately
        except ValueError:
            print("Invalid data received:", line)
except KeyboardInterrupt:
    print("Data logging stopped.")
finally:
    ser.close()
    output_file.close()

例えば:

コードをArduino unoまたは別のArduinoボードにアップロードすると、アップロードされたコードに従って動作させるには電源が必要です

そのようにする方法があるだけです

ありがとう

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは@Akash1

レーダー GUI には、デバイス設定を保存し、ボードのリセット後にロードできる機能があります。 これを実現するには、Radar GUI の [Make Persistent] ボタンを使用します。 目的のデバイス設定を選択し、「Make Persistent」ボタンを使用して保存すると、レーダーベースボードEEPROMに保存され、リセット後に自動的にロードされます。

乾杯
モンタッサル。

0 件の賞賛