Tip / ログイン to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

cross mob
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは

BGT60LTR11AIPセンサを使用したボードを開発し、パルスSPIモードで動作させています。 私の回路は4.6ns(デフォルトは1.5ns)の時間枠でしか正しく動作しないため、 PLL(REG 6[15:13])のロック検出時間ウィンドウを増やすことにトレードオフがあるかどうか疑問に思っていました。 私は提案されているように、12pFと15pFの38.4MHzの水晶を使用しています。

時間枠を長くすることで、コンパレータの許容される位相差が増加していることは理解していますが、 この大きな位相差の原因に興味があります。 ロック検出タイムウィンドウが4.6ns未満の場合、DIV_Oでは約30kHzのパルスが表示され、正しく動作している場合(4.6ns)はDIV_Oで2kHzです。

感謝

ニコール

0 件の賞賛
1 解決策
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちはnDonnelly、

クリスタルとその配置の推奨値に従ったのは素晴らしいことです。 ここでは、回路に影響を与える可能性のある要因を制限するためのいくつかの提案を示します。

  1. 電源の変動:レーダーシステムへの電源が安定していて清潔であることを確認してください。 電源の変動は、レーダーシステムの性能に影響を与える可能性があります。 センサーの電源ピンの近くにデカップリングコンデンサを使用して、ノイズを低減できます。 また、電源が回路に必要な最大電流を処理できることを確認してください。

  2. 温度変化:温度変化は、水晶発振器に周波数ドリフトを引き起こす可能性があります。アプリケーションで温度変動が大きい場合は、温度補償技術または温度補償水晶発振器(TCXO)の使用を検討してください。

  3. ノイズ:高周波ノイズは、回路の性能に影響を与える可能性があります。フィルタリング手法を使用してノイズを低減できます。 たとえば、コモンモードチョークを使用して、伝導コモンノードノイズを処理できます。

水晶発振器回路に関しては、確認したい一般的な問題がいくつかあります。

  1. 負荷容量:発振回路の容量性負荷とPCBトレースの浮遊容量を含む負荷容量は、水晶の指定された負荷容量と一致する必要があります。

  2. ドライブレベル:ドライブレベル、または水晶振動子で消費される電力量は、水晶振動子の指定された範囲内にある必要があります。 ドライブレベルが高すぎると、周波数シフトが発生し、水晶振動子が損傷する可能性があります。

  3. 起動時間:発振器回路は、指定された起動時間内に発振を開始するのに十分なゲインを提供する必要があります。

  4. スプリアスモード:水晶振動子は、基本周波数に加えて、倍音周波数またはスプリアス周波数で発振することができます。 回路が水晶振動子を望ましくない周波数で発振させていないことを確認してください。

ティッカー

ヤラン

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
3 返答(返信)
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちはnDonnelly、

BGT60LTR11AIPセンサは、アンテナをパッケージに収めた完全に統合されたミリ波ドップラーモーションセンサです。 PLL(フェーズ・ロック・ループ)のロック検出時間ウィンドウは設定可能で、異なる値に設定できます。

ロック検出時間ウィンドウを長くすると、PLLはコンパレータの位相差を大きく許容するようになります。 これにより、ロックがより安定する可能性がありますが、高調波信号またはスプリアス信号にロックされる可能性も高くなります。 これは、PLLの選択性が低く、目的の周波数に近い信号にロックされる可能性があるが、正確にはロックされない可能性があるためです。

ロック検出タイムウィンドウが4.6ns未満のときはDIV_Oで約30kHz、正しく動作しているとき(4.6ns)ではDIV_Oで2kHzのパルスが見られるという事実は、PLLが正しい周波数にロックするのに問題がある可能性があることを示唆しています。 これは、ノイズ、温度変化、電源の変動、水晶発振器回路の問題など、さまざまな要因が原因である可能性があります。

12pFと15pFの38.4MHzの水晶振動子を使用しているとおっしゃいました。 これらの値が水晶振動子とセンサーの推奨範囲内にあるかどうかを確認する価値があります。 また、発振器の周波数に影響を与える可能性のある寄生容量や寄生インダクタンスを最小限に抑えるために、水晶をセンサーのできるだけ近くに配置するようにしてください。

ティッカー

ヤラン

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちはYaran、

 

早速のお返事ありがとうございます!

12pFと15pFはREF BGT60LTR11AIP MO開発ボードで推奨されており、水晶振動子はセンサーのすぐ横に配置されているため、問題ありません。 電源については、シールド回路図のLDOの提案にも従いました。 あなたが言及した要因を制限する方法と、特に水晶発振回路の何が問題なのかについて何か提案はありますか? また、回路図の画像とREF BGT60LTR11AIPアプリケーションノート(REF BGT60LTR11AIP M0 (infineon.com))へのリンクも掲載しています

nDonnelly_0-1700018766800.png

 

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちはnDonnelly、

クリスタルとその配置の推奨値に従ったのは素晴らしいことです。 ここでは、回路に影響を与える可能性のある要因を制限するためのいくつかの提案を示します。

  1. 電源の変動:レーダーシステムへの電源が安定していて清潔であることを確認してください。 電源の変動は、レーダーシステムの性能に影響を与える可能性があります。 センサーの電源ピンの近くにデカップリングコンデンサを使用して、ノイズを低減できます。 また、電源が回路に必要な最大電流を処理できることを確認してください。

  2. 温度変化:温度変化は、水晶発振器に周波数ドリフトを引き起こす可能性があります。アプリケーションで温度変動が大きい場合は、温度補償技術または温度補償水晶発振器(TCXO)の使用を検討してください。

  3. ノイズ:高周波ノイズは、回路の性能に影響を与える可能性があります。フィルタリング手法を使用してノイズを低減できます。 たとえば、コモンモードチョークを使用して、伝導コモンノードノイズを処理できます。

水晶発振器回路に関しては、確認したい一般的な問題がいくつかあります。

  1. 負荷容量:発振回路の容量性負荷とPCBトレースの浮遊容量を含む負荷容量は、水晶の指定された負荷容量と一致する必要があります。

  2. ドライブレベル:ドライブレベル、または水晶振動子で消費される電力量は、水晶振動子の指定された範囲内にある必要があります。 ドライブレベルが高すぎると、周波数シフトが発生し、水晶振動子が損傷する可能性があります。

  3. 起動時間:発振器回路は、指定された起動時間内に発振を開始するのに十分なゲインを提供する必要があります。

  4. スプリアスモード:水晶振動子は、基本周波数に加えて、倍音周波数またはスプリアス周波数で発振することができます。 回路が水晶振動子を望ましくない周波数で発振させていないことを確認してください。

ティッカー

ヤラン

0 件の賞賛