EVAL-M7-LVMOS-INVでのシングル・シャント抵抗の変更

Tip / ログイン to post questions, reply, level up, and achieve exciting badges. Know more

cross mob
lock attach
Attachments are accessible only for community members.
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

EVAL-M7-LVMOS-INVユーザー・ガイドのセクション2.3.3では、電流入力スケーリングとVoffの計算方法が示されています。 計算値とボードとモーターは、.005を使用した通常の構成で正常に機能します Ωシングルシャント抵抗。

シャント抵抗を.005から変更すると オームから.0025 オーム、MCEウィザードで電流入力スケーリングとVオフセット値を再計算し、内部電流フィードバックゲインを12に変更すると、問題があります。 プログラムがロードされると、すぐにゲートキルがトリガーされます。 ゲートキルの値を範囲外の値に変更しましたが、ゲートキルはまだトリップしていました。 モーターが作動しなくなります。

MCE ウィザードの [パラメータの検証] ページにも奇妙なことがあります。 電流検出範囲は、負の範囲と同じではない高い値を持っているようです。 添付の写真をご覧ください。

この問題へのご協力をいただければ幸いです。 ありがとうございました!

smartconx_target@Q!w2e3r4t5y6u7i8o9p0||/t5/Motor-Control-ICs/Single-shunt-resistor-change-on-EVAL-M7-LVMOS-INV/td-p/623304

0 件の賞賛
1 解決策
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

ご協力ありがとうございます! Q85の計算が間違っていたことがわかりました。 これが修正されると、モーターは.002で正常に動作します Ωシングルシャント抵抗。

元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
7 返答(返信)
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは @n6xb 

カスタム設計で使用された電流検出回路を教えてください。

これは、使用されている正確な回路を知るのに役立ち、ゲイン設定を計算し、MCEWizardに入力されたものと同じものを再確認できます。

よろしく

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

電流検出回路はEVAL-M7-LVMOS-INV回路と同じです。 唯一の変更は、シャント抵抗が.005から変更されたことです オームから.002 オーム。

.mc2を添付できません ここではサポートされていないファイルです。 私は以下のようにこの投稿にファイルをコピーすることしかできません:

iMOTION2ウィザードアンサーファイルv2.3
PFC 整流電流制限 = 7
モーター1 Ke=2.337
モータ1シングルシャント検出タイプ= PhsShift
PFC シャント抵抗 = 10
PFC電流入力=27.69
温度補償=イネーブル
モーター 1 PWM ガードバンド = 2
JCOMBaudrate=0
モーター1の抵抗= 0.044
PFC ゲート検出ハイ = ハイ
モーター1位相シフトウィンドウサイズ= 2
iMotion2 パラメータ バージョン = 1
AC電圧フィードバックセンシング高=2000
モーター 1 ホール角度への磁束 = 60
モーター 1 変調指数ランプ レート = 10
モーター 1 KpMIreg=63
モーター1ゲートキルコンパレータリファレンス=1
関税-MtrSp=25.5
PFC 電流サンプル遅延=-.25
モーター1:速度超過の障害を有効にする=有効
モーター1の電流オフセット= 166.0
モーター 1 ホール タイムアウト障害 = 無効
関税-MtrSt = 25.5
PGHeartBeat=Disable
DCバス・フィードバック・センシング:低=10
モーター1ゲートキルフィルター時定数=1
UARTBdRate=57600
モーター1速度フィードバックフィルター時定数= 0.07
モーター1の電流入力= 1.834
Ndアドレス=1
VspV-MtrSp=2
モーター 1 電流レギュレータ帯域幅 = 1500
VspV-MtrSt=4
iMotion2 ユーザー バージョン = 0
モーター1最大RPM = 2350
PFC 電流検出極性=
ローターロック保護=10秒
PFC インダクタンス = 5
インダクタンス検出=ディセーブル
システム ADComp イネーブル = ディセーブル
モーター1 2Phs有効=無効
モーター1パーク電流=30
パラメータ セット番号 = 0
モーター 1 ステート マシン時間 = 1
PGPulse=0
モーター1分速度= 500
iMotion2 パラメータラベル=モーター0
モーター 1 モーター制限 = 100
制御入力測定=無効
モーター 1 過熱有効 = 有効
iMotion2 MulMtrSupport=MotorID Disabled
モーター1速ランプレート= 300
過速度障害を有効にする = 0
モーター 1 NTC 温度シャットダウン値 = 3.5
PFC電圧レギュレータ比例利得=1000
モーター1トルク補正オフ速度= 6000
モーター 1 始動制限 = 30
VspV-MtrMaxRPM=98
モーター1モデル名= GM86
PFC電圧レギュレータ積分ゲイン=20
モーター1トルク補償有効無効=無効
DCバスの臨界電圧レベル=53
モーター1ゲートキルハードウェアレベル= 2.47
モーター 1 フラックスタウ=7
モーター1キャッチスピン有効=無効
PFCゲートキル入力ソース=コンパレータ
PGシングル方向=無効
モーター 1 電流フィードバックゲイン = 12
UserUARTDelay=0
モーター 1 ホールノイズフィルタ = 3
障害後の再起動再試行期間 = 3
DC バスの過電圧レベル = 54
PFC電圧制御モード=固定電圧
PFC ゲート検出ロー=
モーター1分パルス幅3相= 1
モーター1分パルス幅2相= 1.5
PFC 最小 AC 入力電圧 = 40
モーター1ブーストキャップ充電遅延= 19
パワーディプライドスルー=ディセーブル
モーター 1 低速しきい値 = 1000
モーター 1 低速モーター制限 = 20
モーター1ブートストラップキャップ充電時間= 10
最大AC入力電圧=270
モーター 1 2Phs PWM タイプ = 1
Frq-MtrMaxRPM=1000
デューティ-Mtr最大RPM = 100
モーター1:DCバスの過電圧障害=イネーブル
Frq-MtrSp=255
AC電圧フィードバックセンシング低=15
モーター 1 PWM タイプ = 3Phase_Only
モーター1の位相損失検出=無効
DC バスの電圧レベル = 12
ピン 17脚関数 = GPIO
Frq-MtrSt=255
PFC Vdc 低電圧障害=
モーター 1 イネーブル DC バス低電圧障害 = イネーブル
モーター1アンペア= 35
PGSinglePulsePin=Disable
PFCシャントアンプゲイン内部=
AC 入力周波数 = 50
モーター 1 ホール PLL エラー = 0
コントローラ電源電圧= 5.0
モーター 1 再生リミット = 0
パワーディプリドスルーKpUVPLL=0
PFCシャントアンプゲイン外部=8.1
サイクル制御オプションによるサイクル=
モーター 1 最小変調 = 5
PFC 最大 AC 入力電圧 = 270
ターゲットDCバス電圧= 340
PFC ゲートキル フィルタ時定数 = 0.5
モーター 1 KxMIreg=4
PFC電圧リファレンス・ランプ・レート=50
モーター 1 KpSregU88=1.96
OvrMdEnable=Enable
モーター 1 ゲート センス 低 = 高
PFC 最小オフ時間 = 0
モーター1:始動失敗障害=無効
モーター 1 トルク補償ゲイン = 120
PFC 生成電流制限 = 0
モーター1シングルシャント低ニオーセセンシング=ディセーブル
障害後の再起動再試行回数 = 0
3phto2phPWMSwSpeed=500
iMotion2 パラメータラベル=モーター0
モーター 1 RPM=2000
モーター1分パルス= 0
PFC電流レギュレータ比例ゲイン=2000
モーター 1 ゲートセンス ハイ=ハイ
弱め界磁電流制限=0
最大DCバス電圧=55
PFC Vdc 過電圧障害=
モーター1極= 8
PFC AC/DCスケーリングフィードフォワードゲイン= 0.6
DCバス・フィードバック・センシング:高=100
モーター1スピードレギュレーター帯域幅= 5
モーター1ゲートキルコンパレータレベル=80
モーター 1 トルク補正制限 = 2048
PFC バック周波数障害=
モーター1トルク補正オン速度= 5000
モーター1開ループ速度ランプレート= 0
PFC トポロジ=
DC バス フィードバックのスケーリング = 22.54
モーター1ゼロ速度検出=無効
PFC VAC 過電圧障害=
JCOMEnable=Disable
PFC Vacセンシング方式=差動
パワーディプリドスルーKxUVPD=0
モーター 1 Ld=.10
モーター 1 kt=1.61
PFC電流レギュレータ積分ゲイン=4000
FluxPLDetectFault=2-Sec
PFC ゲートキル コンパレータ リファレンス=1
モーター 1 KxSreg=12
モーター1分パルス幅= 1
iMotion2 の既定のパラメータ セット = 0
ゼロスピード検出障害=2秒
モーター 1 ホールから磁束角度 = 90
モーター 1 Lq=.10
モーター 1 KpSreg=63
モーター1キャッチスピン時間=0.5
モーター 1 の伝搬遅延 = -0.1
モーター 1 ホール角度オフセット = 120
モーター 1 KxSregU016=1.4
モーター 1 トルク補正角度オフセット = 29000
モーター 1 パーク時間 = 0
モーター1ゲートキル入力ソース=コンパレータ
PowerDipridethroughPLLTime=0
モータ1ホールコンパレータヒステリシス=20mV
UserUARTPortSet=UART1
安全有効=無効
モーター1ホールスピードフィルターBW = 600
モーター 1 ホールアーク tan=0
モーター1インバーターデッドタイム= 0.6
モーター 1 Vdc 補償 = イネーブル
モーター 1 ホール無効障害 = 有効
PFC 最小 AC 電圧 = 3
PFC Vac 低電圧障害=
パワーディプリドスルーKxUVPLL=0
##Options
=
PFCCurCycles=
ScriptConfigure=Enable
FirPath=
HallSense=None Hall
ScriptFile=C:/SuperVac/iMOTION/10-13 SCRIPT.mcs
CurrentPath=C:/SuperVac/iMOTION/10-16 2mohm POT.mc2
NewHardware=0
Control Mode Select=Speed Control
PFC PWM Cval=3699
PFCFreq=15
MotorMiscCycles=336
Motor 2 PWM Cval=2147483648
PFCVoltCycles=
UserGPIO10=Output
UserGPIO11=NotUsed
UserGPIO12=NotUsed
UserGPIO13=NotUsed
UserGPIO14=NotUsed
UserGPIO15=NotUsed
UserGPIO16=NotUsed
ParamVersion=1.0
UserGPIO17=NotUsed
UserGPIO18=NotUsed
ScrPath=
UserGPIO19=NotUsed
FileState=Open
UserGPIO20=NotUsed
UserGPIO21=NotUsed
UserGPIO22=NotUsed
UserGPIO23=NotUsed
ICPackageType=6F040
UserGPIO24=NotUsed
ControlInput=Analog Vsp
ModFreq=1
UserGPIO25=NotUsed
MCEFreq=96
CALCPFCFREQ=N/A
UserGPIO26=NotUsed
UserGPIO27=NotUsed
UserGPIO28=NotUsed
UserGPIO29=NotUsed
PFCPWMFreq=50
CALCM1FREQ=15.0
PFCSyncDivider=Disabled
ParPath=
FirmwareVersion=v1.03.xx
UserGPIO0=Input
Advanced Mode=1
UserGPIO1=Output
UserGPIO2=Output
UserAIN0=0
Custom Design Name=EVAL-M7-IMD111 + LVMOS-M7-Power boards
UserGPIO3=Output
UserAIN1=1
UserGPIO4=Output
UserAIN2=1
UserGPIO5=NotUsed
UserAIN3=0
UserGPIO6=Input
UserAIN4=0
UserGPIO7=NotUsed
UserAIN5=0
UserGPIO8=NotUsed
UserAIN6=0
UserGPIO9=Output
UserAIN7=0
UserAIN8=0
FastControlRate=1
UserAIN9=0
ShuntConfig=Single Shunt
NewMCE=0
UpdateQeustions=false
Angle Select=Flux PLL Angle
UserAIN10=0
UserAIN11=0
UserAIN12=0
CALCM2FREQ=N/A
KitType=Eval-IMD111T-A
Motor 1 PWM Cval=3199
Utilization=58.875
ComPath=
##の説明
システム構成ファイルの使用:
EVAL-M7-IMD111T-Power.mc2
このモータ制御システムは、EVAL-M7-IMD111T iMOTION MADKコントローラボード(IMD111T-F048 iMOTIONコントローラベース)とEVAL-M7-Power MADKインバータボード、IKB06N60T 600V トレンチストップ(TM) IGBTとソフトで高速リカバリダイオードをベースとするインバータ制御モータ駆動アプリケーション向けの評価キットです。

次の2つのオプションを使用できます。
このボードでハードウェアの変更が行われておらず、デフォルトの制御設定を変更する予定がない場合:
[デフォルトのハードウェアとコントロールの設定>] を選択します。

このボードに変更が加えられた場合、またはこのボードに基づいてまったく新しいアプリケーションハードウェアが開発された場合、または高度な制御オプションが使用されます。
[カスタマイズされたデザイン>] を選択します。

##ScriptCode
//*****************************************
/*スクリプト ユーザーのバージョン値は 255.255*/
#SET SCRIPT_USER_VERSION (1.00)
#SET SCRIPT_TASK1_EXECUTION_PERIOD (10)
/*タスク1で10mSごとに実行される行数を定義します*/
#SET SCRIPT_TASK1_EXECUTION_STEP (20)
//*****************************************
/* 定数定義 */
CONST int VLSStart = 819;

//*****************************************
タスク 1 初期化関数
Script_Task1_init()
{

/* ローカル変数の定義 */
int v_upper;17.5Vは電圧レベルを設定します
int v_lower;16.3
int v_cutoff;14.0
int minimum_rpm;6Aのための1500rpm
int カウンター;汎用カウンター
int temp;
int i;
int power_flag;初回電源オンフラグ
int led_ctr;LEDストリングトグル用

/* ローカル変数を初期化します*/
v_upper = 1103;ミルウォーキー20Vの17.5Vセット電圧レベル
v_lower = 1027;16.3
v_cutoff = 882;14.0
minimum_rpm = 1500;6Aの最小電流要件
PGDeltaAngle =0;GPIO1 を開いて使用する
カウンター= 0;リセット
power_flag = 0;最初のパスで電源オフに設定

GPIO10_OUT = 1;Qx電源スイッチオン
GPIO4_OUT = 1;青色のLEDが点灯
コマンド =1;ファンオン

} //task1_initの終わり


//***************************************
タスク 1 スクリプト関数
Script_Task1() {

//
電源スイッチが解放されるのを待って、最初のパスの電源オン初期化のみを行います
//
if (power_flag==0) {
power_flag = 1;最初のパス完了に設定
for (i=0:17) //電源スイッチの解放を待つ
{
if (ADC_Result2<2048) { //is power switch still pushed?
i=1; //yes...stay in this loop -50ms debounce loop
}
}
}

//
if (GPIO1_IN) { //toggle test led every 100ms
GPIO1_OUT =0;
}
それ以外の場合 {
GPIO1_OUT =1;
}

 

if(led_ctr==0) { //toggle white led string
led_ctr=20; //load counter for 2 seconds
GPIO2_OUT=1; //turn on leds
}
else {
led_ctr = led_ctr-1;カウントを減らす
if(led_ctr<10) { //is counter at half way mark?
GPIO2_OUT=0; //yes...turn off leds
}
}

 

 


//
GPIO1を更新し、AIN2がロジックローに変更された場合はモーターを停止します
//
温度=ADC_Result2;
IF(一時>2048)
{
GPIO4_OUT =1;
}
然も無くば
{
GPIO4_OUT =0;
}

 

カウンター=カウンター+1;

if (カウンタ>50) {
GPIO3_OUT =1;
}


//
ドライブエラーのテスト
//
if (フォルトフラグ) //ドライブエラーをチェックする
{
コマンド =0;はい。。。エラーが発生しました...シャットダウン
GPIO2_OUT = 0;赤消灯
GPIO3_OUT = 0;グリーンオフ
GPIO4_OUT = 0;ホワイトオフ
GPIO1_OUT = 1;テスト主導
GPIO9_OUT = 1;青オン
GPIO10_OUT = 0;Qx電源スイッチオフ
for (i=0:10) { //電源スイッチの解放を待つ

(1){ //wait for power switch release

i=0; //stay in this loop forever
}の場合
}

}

//
電源スイッチの電源切断をテストする
//
if (ADC_Result2<2048) //電源スイッチが押されていますか?
{
コマンド =0;はい。。。ファンオフ
GPIO2_OUT = 0;赤消灯
GPIO3_OUT = 0;グリーンオフ
GPIO4_OUT = 0;ホワイトオフ
GPIO1_OUT = 1;テスト主導
GPIO9_OUT = 1;青オン
GPIO10_OUT = 0;Qx電源スイッチオフ
for (i=0:10) { //電源スイッチの解放を待つ

(1){ //wait for power switch release

i=0; //stay in this loop forever
}の場合
}
}

 

 

 

 


//******************************************
} // タスク 1 プログラムの終了
//******************************************

 

 

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

ひい@n6xb 

.mc2を共有してください ファイルを zip フォルダーに格納します。 ここにZipフォルダを添付できます。 すべてがリストにまとめられている場合、ゲイン設定を理解することは困難です。

よろしく

0 件の賞賛
lock attach
Attachments are accessible only for community members.
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

要求されたファイルを添付してください。 ありがとうございました!

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager
要求されたファイルを添付してください。
ありがとうございました!
トム・ホーグホーグエレクトロニクス
0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

こんにちは @n6xb 

MCE ウィザードで次の変更を行ってください。

Q60: フラックス推定器時定数: 9 ミリ秒に設定

Q83:電流入力スケーリング:2.29mA/Vに設定

Q84:内部電流帰還アンプの利得:6に設定

Q85:モーター1のADCオフセット電圧への電流入力:416mVに設定

さらに、次の点に注意/明確にしてください。

1. Q72:NTC過熱電圧しきい値は3.5Vに設定されています。 これは、許容される最大ケース温度が75度に設定されていることを意味します。 用途やデザインに合っているかご確認ください。

2. Q85に入力された値は166mVです。 これは実験で得られた値ですか?

上記の点についてのあなたの観察を教えてください

よろしく

0 件の賞賛
Translation_Bot
Community Manager
Community Manager
Community Manager

ご協力ありがとうございます! Q85の計算が間違っていたことがわかりました。 これが修正されると、モーターは.002で正常に動作します Ωシングルシャント抵抗。

0 件の賞賛